美味しいマーマレードは苦くない?!?!

お疲れ様です。

特に好きな訳ではないがマーマレードと聞いて「パディントン」と答えられる人、大体が東海地方の人が多いと思う、君色です。

大垣共立銀行の看板キャラクターが「パディントン」なので、幼稚園や保育所によっては絵本やビデオがあったり、幼い頃にTVでアニメを見た記憶があります。(夫とは同じ出身ですが、夫は内容までは知らないみたいです。)

さて、私はマーマレードが最近まで大の苦手でした!!

理由は学校給食に出されたマーマレードの甘味が一切無く苦さとマズさが凄まじ過ぎました・・・。クラスでも不人気さが多かったせいか、2,3回程度で登場が終わりましたが・・・

しかし、とある日に実家に帰った際、母が美味しいマーマレード(メーカー忘れた・・・)をゲットしたと試食を勧めるので、恐る恐る食べたら苦味が僅かぐらいしかなく、オレンジの甘い高い香りと甘味がとても美味しくて、マーマレードの苦手意識が一気に興味に切り替わりました☆

ちょうどそんな時にゲッティ―ズのモニターで「Belberry」のジャムかマーマレードを選んでモニターの募集があったので応募し、当選したのでご紹介します!

1.1956年から続く老舗ブランド


『Belberry』は、1956年から続くベルギー王室に愛され続けているコンフィチュールの老舗ブランドです。最高級の天然果実をふんだんに使用(基本的に55%以上)した贅沢な甘みが特徴。
昔ながらの製法にこだわりを持ち、大量生産するのではなく、少量を丁寧に作り込みます。(公式サイトより)

スーパーとかで市販されているジャムは果実を50%以上使うことは原価率のことを考えると、あまり例がないです。

さらに果実が多い分だけ使用する砂糖も減らすので、使用する果実によっては日持ちが短くなりがちですが、その分果実の甘味が充分に感じられるだけでなく、飽きなくスイスイ食べれてしまうのが、こだわりのジャムの特徴です!

私は大学時代に地元の役場と合同研究でイチジクと使った特産品を作るという卒業課題野中で、先輩が開発していたジャムの研究を引き継ぎ、イチジクの旬である夏休み期間はほぼ毎日、イチジクのジャムを配合を変えながら作り続けていた経験があります。

最終結果は果実を使用する割合がイチジクでも50~53%となったので、食べる前からこのジャムが本当にこだわったジャムであることが感じました!

裏面の材料表示の順番を見ても、果実が先に来ていたのでこれは本物だ!!と

2.レシピ考案中


私が今回選択したのはブラッドオレンジのロイヤルマーマレード!!

【ROYAL MARMALADE】
Belberryのマーマレード は60年以上にわたる知識と手入れにより造られています。最高級の柑橘類の果物と最高の糖分を使用することにより、完璧なバランスの味わいを生み出しています。

(ブラッドオレンジ)
ほのかな酸味のある、とても上品な味。シチリア産のブラッドオレンジを使用しています。(公式サイトより)

マーマレードは4種類あるのですが、ブラッドオレンジを選んだ理由は昔、市販されていたブラッドオレンジのジュースが余りにもキレイだったことと、しつこくない酸味と甘すぎない甘さの美味しさが印象に残っていたため、

・マーマレードにしたらどんな色なのか

・苦さは少ないのか

・シチリア産の柑橘類は贅沢な一品だよな!!!←ここが一番大きい

さて応募の際はマーマレード好きのパディントン(彼はイギリスの子だが)のようにサンドウィッチにしようかと考えていたのですが・・・・

この時、真夏真っ盛り・・・・暑さでパン類が入りにくいし、そもそも誰もが考え付くよなと悩んでいたら締め切りが・・・・念のために最初はどうしてもトーストで食べたい願望が強かったので、ブログ作成前から試食は既に終えていたのですが、これ以上遅れてはいけないので現段階は「トースト」でレビューします。

(レシピは出来次第、更新します!!)

3.パディントンの気持ちが分かった気がする。


トースト焼きながら瓶の内をチェック・・・

酸味と甘い香りの質が高くて、苦味がまず香りから一切感じなかったので、母に食べさせてもらったマーマレードより甘くて美味しいかもと期待☆

ゴロッとしたブラッドオレンジさんがこんにちわ♪とあったり、さすが長期保存目的からきたコンフィチュールの老舗!このゴロッとした見た目の感じが砂糖で煮ているのに活き活きとした果実の姿を残していて、トーストに載せる前にそのまま食べたい衝動にかられました。

さて焼く時間長すぎてラスク並みにカリカリになったトーストに思いっきりドン!!

皮と果実を上手くバランスよく延ばしながら塗っていって・・・

^カフェオレと一緒に頂きます!!

気になるお味は・・・

・苦味はほぼゼロに近い!!無い訳ではないのですが、今までのマーマレードが嘘なのかと疑うぐらい苦味が少ない!!

・ブラッドオレンジの甘みと砂糖がしつこくなく、酸味が良い後味を演出してくれる!

・皮が硬くないどころか違和感なく美味しく食べれてしまう!!

・甘さがしつこくないので何度でも食べたくなる!!

マーマレードが大好きなパディントンはきっと、このマーマレードのような美味しいお店のものを食べていたから好きだったのかなと思ったのと同時に、かつて学校給食であのマズいマーマレードを選んだ当時の栄養士を問い詰めたいなと・・・

(あのマズいマーマレードのせいで「マーマレード」=「苦くてマズい」という概念を長年植え付けられましたから・・・幼少の食教育の重要性って改めて怖いな・・・)

ちなみに同じ学校であり同級生でもある夫に給食にマズいマーマレード出たよね?と聞いたら

「マーマレードあった?俺初めて食うけど。」

「2.3回出た?・・・やべえ・・・イチゴジャムとか塗ったら瞬時に乾燥するハチミツなら」

・・・そういや初めて食べたハチミツも給食で不味かったからマーマレード程ではないけど不味い概念が長年あったな・・・塗った瞬間に乾燥してパサパサするからあれはすごかったな・・・・


今回の商品はこちらから購入が可能です!!

http://belberry-summary.com/

このマーマレードでまたマーマレードの美味しさが分かっただけでなく、幼少期に食べる物の質って重要だなと痛感しました。

マーマレードが美味しいなんてアリエナイだろ!!!

私、マーマレードが好きで仕方がないz!!

好きな人も嫌いな人も一度は食べてみてください・・・・概念が本当に覆りますよ?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク