さくらももこさんは乳がんに気づかなかったのか?

お疲れ様です。

ちびまる子ちゃんのおじいちゃん「友藏」さんが実際はアニメと全く正反対の性格であることを知った時は衝撃を受けましたが、作者のさくらももこさんが母と同い年で亡くなったことがもっとショックを受けた君色です。

高校時代に学校の図書館で「ももこのおもしろ宝石手帖」でワガママで苦手だったちびまる子ちゃんの印象がガラリと変わっただけでなく、貧乏を理由に興味を持つつもりがなかった「宝石」への興味や関心が持てるようになりました。

ある宝石を息子さんが欲しがっていて、自分が死んだらあげると言ったら、悲しいことを言うなよでと息子さんが言った話を思い出し、全世界で悲しんでいる人たちの中で一番悲しんでいるのは息子さんだよなと思いました・・・。

1.いつから乳がんだったのか?


2018/8/28時点では未だに情報はありません。

元々健康オタクで有名だったらしく、さくらももこさんの乳がんによる死去は衝撃だったそうです。

私の友人にも健康オタクはいますが、その人もガンが見つかりました。明らかに身体の調子がおかしいと感じて医者に行ったら判明したため、さくらさんはもしかしたらガンに気づかなった可能性があります

2.本当に気づかなかったのか?


毎年のガン検診を欠かさなかったにも関わらず、重度の乳がんが見つかった北斗昌さんの例もあります。

自己触診で60%の確立でガンが見けることができる、とネットで調べれば沢山のサイトが自己触診方法が紹介されています。

https://ganclass.jp/kind/breast/selfcheck.php

最近はショッピングモールに入っている保険会社の紹介テナントの中には、乳がんがある状態の乳房の触れる模型が展示してあり、自己触診で分からない人にもわかりやすいようになっています・・・

が、実際模型でも沢山の人たちが真剣なりふざけてなりで触っていたせいなのか、私にはどこにガンがあるのか分かりませんでした(TーT)

実際に乳がんにも自己触診で発見できるのは「胸上部部分」で、中心部になると胸の大きさや柔らかさによって判断しづらいです。

またゴツゴツしたものがガンだと思ったら「乳腺」というのも珍しくないです。
https://www.ando-nyuusen.com/2016/04/11/%E8%B3%AA%E5%95%8F295-%E4%B9%B3%E6%88%BF%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%93%E3%82%8A%E3%81%A8%E4%B9%B3%E8%85%BA/
さくらももこさんは乳がんが気づいた時には現代の(日本の)医学では治療不可能の最終ステージまで進行してしまったのかなと思います。しかし2018/8/28時点では詳しいことはまだ判明されていないため、今後の報道を待ちたいです。

ちなみに乳がんは男性にも稀に起こる病気なので、決して男性諸君も自分に関係ないと思ってはいけませんよ。


身近に見ていた作品の作者・声優・役者

生きているいるものが亡くなるのは自然の摂理ですが、高齢化社会と呼ばれる日本で若くして亡くなるのは余りにも不条理で残酷だと感じます。

仕事の都合や生活リズムに非があったかもしれませし、職業柄仕方ないと言われたらそれまでですが、もっと早く気付くあるいは気づいてあげれる方法がなかったのかなと常々思います。

さくらももこさんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク