北海道展で美味しいものを食べよう!

お疲れ様です。

募金も大事だけど物産展で美味しいもの食べてお金を落とした方が直接、お金が届くよねと感じる君色です。

出店代なり交通費や人件費で幾らかは引かれるけれど、この買い物をキッカケにその商品の良さを知れば、次回出店した時は「募金兼ねた買い物」ではなく、「純粋にその商品が美味しくて再び食べるために来た」と「顧客」になる可能性がありますし、通販を兼ねているお店なら「ネット顧客」になります。

私の場合、通販で買うより物産店で夫とテーマパーク気分で楽しみながら試食・食事・買い物をした方が大好きですが。

さて、今回は名鉄百貨店本店2018年10月10日(水) ~ 2018年10月23日(火) まで開催される北海道展「第63回大北海道の物産と観光展」初日に行ってきたのでまとめてみました。

1.週替わりでお店が変わる?!


2週に渡って開催される北海道展ですが、10月10日~10月16日までの第1週しか出店しないお店が一部あります。

この美味しそうな(実際、今までの味噌ラーメンの固定概念が崩れるぐらい美味しい!!!)味噌ラーメン「狼スープ」は10月16日までしか食べることができず、次の日には別の北海道のラーメン屋に変わります。

さらに北海道展は閉店が20時までなのですが、10月16日だけ店舗の入れ替え作業ため閉店が17時までなので注意が必要です。

第1週のみの出店のお店はこちら

小町園➡紅鮭まぶし、ほたてまぶし

炭火焼肉 泉味亭➡牛肉弁当(初出店)

オクタゴン➡どさんこ(道産粉)ドーナッツ

ゴトウくんせい➡スモークチキン(試食あり!)

アリスファーム➡焼きたてマフィン

ブルーベリージャム

函館洋菓子スナッフルズ

➡チーズオムレット

ミライスト カフェ&キッチン(以下略)

➡札幌シメパフェ&ソフトクリーム

  (初出店)

じゃがいもHOUSE➡コロッケ&じゃがいももち

マツコの知らない世界で紹介されたお店!

放映では中部地方の出店予定では、「岐阜高島屋」しか紹介されていなかったのでミーティング見つけた時がビックリしました!

私が行った16時前後には売り切れだったのか不明だが、紹介されたコーンみっしり入ったコロッケはありませんでした。しかし、1日100個限定道産カマンベールと5種のきのこクリームコロッケはありました!

狼ラーメン➡味噌ラーメン

北海道の味噌ラーメン=「塩辛いもの」と様々なラーメン屋で食べていて認識していた概念が一気に崩れた・・・・

にんにくの香りがしっかりするのに、スープににんにく独特の刺激が一切無し!!

油が沢山浮いて油っぽい?と思いきやアッサリ!!

味噌は塩気が辛いと感じるどころか甘さが強い!!しかし砂糖的なダダ甘いといわけではない。後味は味噌独特の塩辛さによるヒリヒリ感はゼロでどんどん飲みたくなる!!

ちぢれの太麺も香りと歯ごたえがしっかりしながらもスープと調和しており、量が多いのにスルスル食べてしまい、最後にはスープまで飲み干してしまう程!!

スープににんにくだけでなく生姜などの香辛料(辛さは無い!!)も入っており、北海道ラーメンの特徴で冷めにくいようになっているため、沢山汗をかいてしまいますが、そんなことどうでもいいと思うぐらい食べることに夢中になります!!

2.日程に入っていなかったお店も!


マツコの知らない世界を見ていた人の多くは

次回は関東ばっかり・・・

関西ばっかり・・・

先月に行けばよかった・・・

何故中部は・・・・

と悔しがったと思います。私もそうです!

しかし、TVで日程が入っていなかったのに今回の名鉄百貨店の北海道展に出店していたお店があったのでまとめました。

じゃがいもHOUSE

なると屋➡マツコの知らない世界で○○が欲しくなる!!と好評だった「ザンギ」、名物の「若鳥の半身揚げ」「手羽先」が実演販売しています。

TVで紹介されていたのは「若鶏時代なると屋本店」で、出店している「なると屋」は若鶏時代なると屋本店の実の孫である3代目暖簾分けで独立したお店であるのこと。https://blogまとめサイト様

使用するお肉の仕入先も伝統の味付け、先代の技を全て継承してアレンジすることなく、なると屋本店の伝統の味を守り続けているため、異なるなるのはお店の名前だけだそうです。

ザンギも手羽先も1個から注文でき、常に列が大なり小なりあるので出来立てを買うことができます!

写真は撮る間がなかったのでありませんが、一個の大きさが通常のから揚げの2倍サイズはあり、味付けは塩こしょうというシンプルなのに、まるで醤油で漬け込んでいたのではと思うほど、お肉の旨味と深みが素晴らしく、さらに衣が薄いのにパリッとしていたので、マツコさんのように大人の飲みものが欲しくなりました!

ご飯のおかずにもうってつけの味付けです!!

3.インスタ映えで有名らしい?


カンブリア宮殿を視聴していて、マルセイバターサンド以外(レーズンが少々苦手のため)の六花亭のお菓子を食べてみたいなと思っていたので、お店の下調べゼロで物産展へ行った時に「六花亭」を見かけた時はテンションが上がりました!

イチゴのチョコや亭主さんが改良を求めていたパイ生地のお菓子「北加伊道」が今回の名鉄百貨店で初登場しており、通販以外で買えるチャンスとなっています。

さて、商品を吟味したら「六花のつゆ」というものを発見。

昔ながらの絵柄と「ミント」「ワイン」の字に引かれて手にとり、これが「ボンボン」菓子であることは分かったのですが、この時の私はボンボン菓子をグミや飴の仲間だったよな・・・と食べたことがなかったので買うのを悩みそうになって裏面を見た時

「ウィスキー」「うめ酒」・・・

即買いしました!

TVで紹介されていなかったのも一番大きかったです。

ただ、味を外した時が怖かった+缶が欲しかったのでミニサイズをチョイス!(価格も380円とお手頃♪)

この時知らなかったですが箱包装だと思っていたレギュラーサイズも大きな缶で、「六花のつゆ」自体SNSで話題になっているみたいでした。

(その割には買う人見かけなかったが・・・)

開けてみると中身は宝石のような粒たち☆

緩衝剤と一緒にボンボンの味と色の説明書きあったので、どれがどの味が迷わずに済みます。

早速気になったミントを口に含んで、舐めて数秒程で砂糖衣がパリッ!ジャリと崩れ、中からシロップが溢れます。

摘んだ時は手の温度で溶ける気配が無かったので凄い加工技術だなと感心しました・・・。

アルコール度数表記が無く、六花亭公式のHPで見ても無かったので、「ワイン」「ブランデー」も食べてみましたが、香りは確かにお酒なのですがアルコールさは一切ありませんでした。

公式HPではボンボンを紅茶に入れて楽しむ人がいると紹介されていましたが、香りづけしたいけどアルコールで酔いたくない無い人にはちょうど良いものだと思いました。

ネットでも購入が可能ですが、もし北海道展へ行く機会があれば、ぜひ手に取って欲しい一品です。

ちなみに今回の北海道展では「六花亭」のお菓子のばら売りも実施しています!

4.物産展では必ず寄るお店


結婚する前は1人で行って北海道展だったのですが、

必ず寄るお店が

「北見ハッカ」

そして在庫を切らしたら必ず買っていたのが

「北見ハッカのペパーミントティー」です。

今回は家の茶葉達が沢山あったので6P入り410円を購入。

茶葉自体は北見で生産されたハッカではなく、エジプトとスリランカから生産されたものですが、ペパーミントと紅茶の配合のバランスが良く、気分が悪い時や砂糖無しなら食事中のお茶としても美味しく頂けます。

北見ハッカの製品自体、最近はショッピングモールのアンテナショップや輸入雑貨店などで物産展以外でも見られるようになりましたが、個人的には北見ハッカの販売員さんと話しながら、飴をもらったり販売員によっては「おしぼり」とか他の製品のお試しも体験ができるので、物産展では買う買わない関係なしに必ず寄ります。


名鉄百貨店で開催される大北海道展は

第1週が

2018年10月10日(水) ~ 2018年10月16日(火)

開催時間が10時〜20時まで

ただし16日だけ店舗入れ替えで17時まで

第2週が

2018年10月17日(水) ~ 2018年10月23日(火)

10時〜20時まで

北海道展で買い物が貢献になる考えを「偽善」と思う人もいますが、北海道展で販売される商品自体は全て美味しい・質が良い・出来立てだけでなく、販売者の人情も感じられる素晴らしいイベントです。

物産展でも募金の募集がありますが、せっかく北海道の素晴らしいものを味わえるチャンスなので、ぜひグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちなみに北海道展で販売されるケーキ類の多くは持ち帰りやすいように「冷凍」してあるものが多いので、安心してお買い物を楽しみましょう!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク