青空レストランで紹介されたしゃくし菜を取り寄せしたい!!

お疲れ様です。

今回は青空レストランで紹介された秩父の特産野菜「しゃくし菜」が取り寄せできるか調べてみました!!

1.正式名称「雪白体菜」


JA秩父のサイトでは、しゃくし菜は地方名で正式名称は雪白体菜(せっぱくたいさい)と言います。

葉がしゃもじに似ていることから「しゃくし菜」とよばれているとのこと。さらに新潟食材名産図鑑によると、新潟ではタイナと呼ばれ、他の地方では「ほていな」とも呼ばれており、沢山の名前を持っている野菜です。

どちらの地域も共通しているのは主に漬物に利用することです。元々の始まりが冷蔵庫の技術が無かった時代に、作物が育たない冬の間に野菜を長期保存するため方法をとっていたからです。

特長
●耐暑・耐寒性が強く、1年を通して幅広く栽培ができる。

●茎は純白で肉が厚く、草丈45cmぐらい。葉はやわらかく、煮食・漬物用として利用される。(タキイ種苗株式より引用)

関東地方では他の野菜達の成長を促すために間引きした若い苗を利用しています。

2.現段階では・・・


取り寄せできるのは既に加工された漬物ばかりで、葉物野菜として購入するには秩父の直売所へ行くしか方法がないみたいです………

こちらの商品はなんと!!マツコの世界でも紹介された商品だのこと!!

新潟ならタイナ、他の地方ではホテイナでもしかしたら、直売所で売られているかもしれません。
(地元の直売所ではパクチーブームが過ぎた今でも、パクチーを生産している農家さんがいるので、今後作るかも・・?)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク