夜の演出の革命児は俳優だった?!

お疲れ様です。

夕飯を作っていたら突然の頭痛に襲われ、体温計を測ったら「36.8℃」と表示が出て、また倒れそうになった私です。(エアコンの温度が高すぎるのかなと思ったら28度設定・・・)

先週は軽い鼻水程度、その前の週からは何かと周囲に風邪が多い人がいたので、マスクで予防していたおかげで、いつもは予防策を怠ると重症化しやすい喉が無事だったのですが・・・

もしかしたら精神的な疲れで体温が上がっているせいなのかもしれないので、夜更かしせずに早く寝なくては・・・(なら記事を書かずに早く寝・・・)

そんな精神的な疲れを癒すにはやはり感動が一番だと思います。

ストーリーを映像で見て感動する、本を読んで感動する、料理やスイーツを見た目だけでなく味わって感動する・・・など、そして感動した後はとても癒されないでしょうか?

私が感動したものといえば、夜のお台場のユニコーンガンダムを利用した、光の演出に感動したことです!!(しかも昼間と異なる演出だったので、感動通り越して興奮しまくりでした!!)

今回は、日本の夜を変えた光の演出技術、プロジェクッションマッピング(3Dプロジェクッションマッピングとも呼ばれる。)のイケメンでもあり、革命児である

村松亮太郎さんについて紹介します。

1.村松亮太郎さんってどんな人?経歴は?


村松さんは、3Dプロジェクッションマッピングを得意とする映像クリエイターでもあり、ディレクターでもあります。また株式会社ネイキッドの代表でもあります。

17歳時にショーン・ペンの「インディー・ランナー」という映画と出会い、その独自のスタンスに感銘を受け、その後は役者としてCMやドラマなどでキャリアを積みました。(代表作のひとつ、金田一少年の事件簿のドラマで、難波昌平役で出演しています。)

その後は現在の会社を創設、映画製作を開始し、国際映画祭では50ノミネート、7つの賞を受賞をしています。

村松さんの3Dプロジェクッションマッピングが始まったのは、2011年のミュージックビデオ内から始まりました。

その後、2012年に東京駅丸ノ内駅舎で開催された「TOKYO HIKARI VISION」の3Dプロジェクションマッピング総合演出を担当。

さらに2014年には、新江ノ島水族館ナイトアクアリウムにて、企画・演出・制作を手掛けています。

2.村松さんの思いとは?


元々、俳優をしていたという経歴から、実はスクリーンに映すだけではない「既存の概念」ぶち壊したいという思いがあった村松さん。(まるで某ラノベの幻想ぶちこわ・・・)

詳しい内容は1月19日(金)19時から放送の「モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!」で、熱弁で語られます。(放送後はここの内容を更新致します。)

3.今年の展覧会の予定は?


123日(火)~226日(月)

日本橋三井ホールにて

FLOWERS by NAKED 2018?輪舞曲

フレーズは「日本で一番早いお花見を、日本橋で。」

ここでは桜彩BARも開催され、本展のテーマに合わせたオリジナルドリンクが用意されています。

317日(土)~520日(日)

日本最大級の遊園地 ナガシマスパーランドで

AQUARIUM BY NAKED Nagashima Resort

が開催されることが公式ブログで決定しました。

 テーマは「深海世界」

昨年、広島で開催された際は一か月で11万人を動員した大イベントで、海や水族館ではなかなか体験できないものをテーマにしています。

さらに、今回のはバージョンアップして東海エリアに上陸とのコメントがあり、大きなイベントで仲間ハズレがよくある東海エリアには、嬉しい情報です!!

公式ブログにて随時、更新されています!!(ホームページは閉鎖されています。)


いかかでしょうか?

人物紹介だけのつもりが、イベント紹介が強くなっている気がします。

(人物写真は著作権で引っかかる可能性が高いし・・・)

しかしその人を直に知るには、やはり作品を見た方が早いと思いますし、何より感動して癒されるなら良いことずくめです!!

イベント自体は今後も増えて行くので、皆様ももし近くでイベントが開催された際には、感動と癒しの世界へ行ってみてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク