大口れんこんをお取り寄せしたい!!

お疲れ様です。

新潟県の中央部・中之島の大口地区は新潟県を代表するれんこん産地。その中にある大口れんこん生産組合が長年手塩にかけて作り上げてきたブランド「大口れんこん

今回はその大口れんこんを購入できるサイトと大口れんこんについてまとめてみました。

1.昔からの品種はダルマ!


早生品種の「エノモト」と10月以降出荷される晩生品種「ダルマ」の2品種があります。

特にダルマ種は、地域の昔からの在来品種で大口地区の土地にあっているのか、皮をむくと中は真っ白だけで、煮ても黒くならない白い肌とシャキシャキとした歯触りが特徴

出荷時期は9月~3月頃までです。

2.通販が購入できるサイトまとめ!!


なんかん直送便
産地直送・安心・安全のJAにいがた南蒲が運営している農産物直売サイトでご購入可能。

http://www.nanchoku.com/

JAにいがた南蒲 農産物直売所 ただいまーと

http://www.tadaima-to.jp/

3.部分ごとで美味しさが格別!!


れんこんは直売所で見るとスーパーと異なり、いくつもの太さが違うれんこんが繋がっている感じになっています。
れんこんも部分ごとに美味しく頂ける調理法があるのでまとめてみました。
親れんこん
一番太い胴体部分。スーパーでよくみるれんこんがこの辺り。
少し硬めなので、れんこんチップスやすり下ろしてハンバーグがおすすめ!
個人的にはれんこん使用のハンバーグはパン粉よりも胃もたれがしくく、さらに冷めても美味しく頂けます!
芽れんこん
「大口れんこん」の一番先端で、やわらかい新芽の部分。火が通りやすいので、さっとゆでてサラダがおすすめ。
「やわらか芽れんこん」として直売所のただいまーと等で販売
孫れんこん
親れんこんと芽れんこんの中間の丁度良い硬さ。
煮もの天ぷら炒め物なんでもOKの万能部分!

4.れんこんの豆知識

レンコンの主成分はでんぷんで、整腸作用のある食物繊維多く含まれています。

れんこんを包丁で切ると、切り口から糸をひきますが、それが食物繊維です。
レモンに匹敵するほどのビタミンC、塩分を排泄するのに役立つカリウム、胃腸の炎症を和らげるといわれるタンニンなども含む、とっても優秀な野菜です。

保存方法
購入したら湿らせた新聞紙やクッキングペーパーで包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク