いつものカーテンが花粉対策カーテンに?!花粉とホコリをキャッチするスプレーは効果とは?取り扱い店舗は?通販は?

お疲れ様です。

ニトリの花粉キャッチレースカーテンのPVやCMの効果音の使い方が、連続パンチの音にしか聞こえない、君色です。

花粉症の季節になるとメディアで様々な対策グッズが紹介されていますが、つくづく日常生活に支障が出る程の重症の方を見ていると、この時期だけ長期休暇を設ける制度を作るべきなのでは?と思ってしまいます。

(人手が少ない&不正休暇の利用ということで棄却されそうですが・・・・)

花粉症?か分からないけど鼻がムズムズする・・・けどマスクしたくない人は「微電ごみ」おすすめです!

新しい花粉対策スティック 微電なごみは本当に効果があるのか?

さて話を戻して、今回はニトリのカーテン売り場で花粉とホコリをキャッチするスプレーを見つけ、裏面を見ていたら、ご家庭にあるレースカーテン花粉キャッチレースカーテンのような機能性に!!と、とても魅力的だったので、まとめてみました!!

スポンサードリンク

ニトリの花粉対策カーテンの仕組み

スプレーの効果と比較するために、ニトリの花粉対策カーテンはどうして花粉の侵入を抑える効果があるのか?簡単にまとめてみました。

帝人社と共同開発した特殊ループ構造の繊維を使用し、繊維自体の構造で花粉をキャッチしやすくなっている為、一般的なカーテン用のポリエステル素材に比べ、約200%以上のキャッチ率で外から室内への花粉やホコリの進入を抑えてるとのこと。

さらに大きなメリットとして、

・キャッチした花粉はご家庭の洗濯機で簡単に洗濯・除去できる。

・何回洗濯しても効果は失われることがなく、丈夫で速乾性にも優れた繊維なため、お手入れが簡単!

ニトリの花粉対策カーテンについて

カーテンによる花粉対策で重要なのは、こまめに洗濯することです!

これは花粉をキャッチする効果を低下させないためだけでなく、こまめにカーテンに蓄積した花粉を洗濯で除去することで、カーテンに着いた花粉が風やカーテンを動かした際に、部屋へ花粉が飛散させないようにするためです。

スポンサードリンク

ニトリの花粉キャッチスプレーの仕組み

では、花粉とホコリをキャッチするスプレーはどういうものなのか?

成分・内容量

水、ウレタンポリマーのみ。270ml

商品の特長

●花粉・ホコリをしっかりキャッチ!快適室内空間を!
●ウレタンポリマーが、汚れをキャッチします。
●べたつかず、生地風合いが変わりません。
●汚れたら洗濯機で丸洗いOK。
●網戸にもお使い頂けます。

用途

レースカーテン用
花粉・ホコリ吸着剤

何故ウレタンポリマーで花粉とホコリをキャッチする効果があるのか?

その分かりやすい仕組みがニトリ公式HPにはなく、他のサイトでもウレタンポリマーの効果が良く分からなかったのですが・・・とあるアイテムでこれだ!!と思い、紹介します。

カーテンを巨大なマスクにする

https://www.arax.co.jp/pittamask/function/index.html

花粉症対策グッズで有名なマスク「アラクスのPITTA MASK」

このマスクの特徴は花粉を捕まえるやすくするために、ポリウレタン素材を特殊技術によって、細かい穴を空けることで、高性能なフィルターを持つマスクになっています。

ニトリの花粉とホコリをキャッチするスプレーはウレタンポリマーを水と一緒に霧状に噴射することで、レースカーテンや網戸などの網目に花粉やホコリを侵入しにくい構造として付着し、花粉とホコリをキャッチする効果を発揮するのだと考えます。

汚れたら洗濯機で丸洗いOKとの表記があったので、「汚れ」「花粉&ホコリが溜まっている状態」

花粉対策カーテンと同じお手入れで洗濯・除去して再び噴射する必要があります。

(網戸は網戸用の掃除スプレーなり、水ぶき雑巾なりで除去)

スプレーを噴射してどのくらいの持続効果はあるのかは、使用しているレースカーテンの形状や普段の窓の開閉頻度などの個体差があるためか表記されていません。

しかし、この花粉対策スプレーの素晴らしいもう一つの特長は

生地風合いが変わりない

つまり、花粉シーズン時にいちいち花粉対策レースカーテンに購入・交換しなくても、お気に入りのレースカーテンにスプレーをすれば、インテリアが崩すことはありません。

さらに網戸にもこのスプレーは使えるので、網戸用の花粉対策スプレーを買わずに済み、収納場所や残量を使い切る手間に困ることが減ります。

花粉ホコリの両方をキャッチする効果があるので、花粉シーズンが過ぎても使える。)


いかがだったでしょうか?

今回紹介したスプレーはニトリ店舗とニトリネット、ニトリの楽天市場店でも購入が可能です!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク