バストアップサプリ「天使の秘密」は本当に効果があるのか?

お疲れ様です。

「根っこがないのに栄養を与えたところで膨らむのか?!」(手で平らをジェスチャー)

買ったバストアップサプリを分けてあげようと思って、妹に言ったらそう返答が来て名言だな・・と感じた君色です。

今回はそのバストアップサプリ「天使の秘密」をご紹介します!

http://www.office-092.jp/original11.html

1.カップの大きさはある。しかし垂れてきた。


使おうと思った理由は私自身、ブラを買う時はカップがCDでないと合わないぐらい貧乳ではありません。

昨年、福袋で実際に下着専門の店員に図って貰ったときは、Bを提示されて買ったのですが、1日を終えてブラ外した際にワイヤーの跡が胸に毎回クッキリ残ってしまい、さらに脇のはみ出し肉が………
また昔はハリはあったものの、結婚してから胸のマッサージを怠ったり、趣味のDDRを怪我や時間でやらない内に、全くしなくなったために運動不足になって身体にメリハリが出来なくなったのが大きいです。(年齢も重なっていますし・・・)
さらに夫から「最近小さくなった?」と聞かれることもしばし・・・・
そしてこの「天使の秘密」に手を出しました!!

2.天使の秘密はどんな成分が?副作用は?


天使の秘密に使われる成分は全て植物性!!
化学料が使われていないのは安心できるのが嬉しいです。
しかし、メロンプラセンタ(胎座)プエラリアミリフィカがよく分からないので調べて簡潔にまとめました。
<メロンプラセンタ>
植物性のプラセンタで動物性のプラセンタと同様のアミノ酸の成分を持ちながら副作用がなく、潤いや透明感を与える役割。
<プエラリアアミフィリカ>
マメ科の植物で女性ホルモンに似た効果を及ぼす成分を持ち、さらに美肌効果が望める成分も含まれているために、多くのバストアップサプリに使われている。さらに更年期障害の改善も望める優れもの。
プエラリア自体、副作用はないがプエラリアを通して女性ホルモンを過剰摂取しすぎると、体内のホルモンバランスが崩れる。(サプリメントによって含有量が全く異なるので、使用法は正しく使うこと。)
ちなみにイソフラボンの含有量は大豆の40倍もあるそうです。

3.胸の形を守るために実際に飲んでみた。


注文して届いたのがサプリメントとバストアップするためのマッサージや食品のアドバイス表が入っていました。(食品アレルギーはないのですが、万が一に備えて定期ではなく単体で購
入。)
取り出すと少し柔らかめのカプセルで匂いはありません。
水と一緒に含むとカプセルがとても軽いので、口内でプカプカ浮いてしまいますが、飲み込むときは喉に引っかかることはそんなに無かったです。
サプリと一緒にサプリメントの基礎知識やバストアップするのに良い食品やマッサージ方法などの資料が同封されていました。
しかしコーヒーを一日3杯以上飲む、アルコールの飲み過ぎは貧乳の原因とは・・・ホルモンバランスって本当、繊細ですね・・・

 さて飲み始めて1週間経ったのがこちら
パッと見、比較前の画像(撮るのを忘れた・・・)がないので分かりにくいと思いますが、実はこの時CMで有名なパット・ワイヤー無し「スロギー」を着用しています。
飲み始めの時はスロギ―着用するとパットがないので、あまり胸の丸みが出ないのと、仕事に使うと胸元が痛い時がありました。
しかしサプリを飲み始めて2、3日ぐらいから、ブラのサイズはすぐ変わっていないのに何やら胸のもみ心地がとても気持ち良いです☆(変態の意味ではないですよ!!)
またブラを着ける時は、必死に脇の肉がはみ出さないようにカップに入れていたのですが、胸がキチンとカップにすぐ収まるので着けるのがとても楽でした。
さらに私は仕事などでイライラしやすいのですが、このサプリの効果なのか、普段よりイライラしにくい感じに思えました。

公式ホームページでは最低3か月で効果が多く実感するみたいなので、今後の経過を見て決めようかなと考えています。


いかがでしょうか?
まとめとしては
・サプリの利用理由は胸が垂れてきたように感じたから
・天使の秘密は副作用がない「全植物成分」サプリメント
・2,3日で胸の揉み心地が違う!!←ここ重要!!
今回は主に貧乳や産後の胸に悩む人が使うバストアップサプリを紹介しました。しかし私のように巨乳ではないけど胸がある人でも、胸の形を崩したくないとい考えで利用しても全く問題はありません。
このバストアップサプリのコンセプトは「女子力向上」

http://www.office-092.jp/original11.html

ある人は行っていました。
「どんなに大きい胸でも手入れしなきゃ暇を持て余した、ただのデカ乳」
自分の胸を向上したい方にはおすすめしたい商品です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク