ダイヤモンドの砂時計(アワーグラス)の正体は?取り扱い店舗は?お取り寄せは可能なのか?マツコの知らない砂時計の世界に!

おつかれさまです。

幻想的に煌めきながら落ちていくダイヤモンドの美しさに、ダイヤモンドおろか婚約指輪はいらないと思っている私でも、つい見とれてしまいます。

1つ1つの落ちていくダイヤモンドが、特別な時間を刻んでいる感じがしませんか?

そんな「ダイヤモンドの砂時計」がマツコの知らない砂時計の世界で紹介されるのですが、どこのメーカーのものなのか?

正体が放送前から気になって仕方なかったので調査した結果、「レインボーダイヤモンド合同会社(RAINBOW DIAMOND LLC)」のジュエリーアワーグラスであることが判明しました。

今回はこのダイヤモンドの砂時計(ダイヤモンドアワーグラス)について調査したことをまとめてみました。

本項は放送後に追記・訂正する可能性があります。予めご了承下さい。

スポンサードリンク

ダイヤモンドの砂時計(アワーグラス)の正体は?

最初調査した時は「デビアス ダイヤモンドアワーグラス ダイヤ2000ピース」だと思いました。

しかし、こちらは世界で2000個限定のプレミア商品であり、非売品の商品も紹介するマツコの知らない世界ならありえそうな気がしますが、TVを観た視聴者が「お金あったらこの商品と同じものが欲しい!!買ってみたい!」と思えてしまう番組なので、実は違うのではと思いました。

判明した「レインボーダイヤモンド合同会社」のHPを調査した際は

アクセスに記載されている会社の住所がGoogleマップでは表示されなかった。

ジュエリーアワーグラスの項にあるURLのページが消えていた。

レインボーダイヤモンド合同会社のダイヤモンドアワーグラスについて記載があったブログの日付が「2016年」だった。

この時は会社はもう無いのかな・・・と思いました。

しかし、HPがあるということは実店舗は無くても、オーダーメイドのみの取引は生きているのでは?と思い、さらに調査してみると・・・・

会社の公式アカウントで

TBS放送の「マツコの知らない世界」で弊社の【ダイヤモンドアワーグラス】が取り上げられました。この日の収録は砂時計特集ということで他にも様々な砂時計が紹介されましたが弊社の商品はかなりのインパクトを残しました。カットされなければ10月29日に放送されますので是非ご覧になって下さい

なんとダイヤモンドアワーグラスだけでなく、スタジオと台本も一緒に画像が掲載されていました。

放送からかなり前なのに載せて良いのだろうか・・・しかし、普通に「ダイヤモンドアワーグラス」で検索しても出てこなかったので、放送前でも情報が見つからなかったのだと思います。

スポンサードリンク

取り扱い店舗は?

ダイヤモンドアワーグラス自体はブログに記載があったのがメールでの「オーダーメイド品」であるため、価格は不明でした。

さらに公式アカウントを調査すると、「ルビーのアワーグラス」「ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドの4種類の宝石が入ったアワーグラス」などの紹介があり、いずれも詳細は電話やFAX、メールで問い合わせないと分からない状態でした。

うーむ残念!

デビアスのアワーグラスがが80万円前後、銀座のジュエリー宝石専門店ミサが取り扱っているアワーグラスが50万円だったので、ダイヤモンドアワーグラスの価格は最低でも50万円はするのでしょうか・・・

放送で詳細が分かり次第追記します。

スポンサードリンク

お取り寄せは可能なのか?

レインボーダイヤモンド合同会社の公式通販が楽天市場にありましたが、こちらはダイヤモンドアワーグラスの取り扱いはありませんでした。

やはり本物の宝石を使用した高額商品は販売したところで、なかなか売れないのでしょうかね・・・せめてペンダントのような小さなタイプだったら、手が届きそうな感じがします。

https://item.rakuten.co.jp/g-max-store/c/0000000141/

ちなみにレインボーダイヤモンド合同会社ではダイヤモンドをパウダーにしたタイプのアワーグラスの取り扱いもあり、大きさやパウダーの量、刻印などの細かい希望によって予算が変わるみたいです。

さらに今回の番組で紹介されたオイルタイプのアワーグラスは、中身をダイヤモンド以外に自分の好きな石に変更することも可能です。

もしかしたらオーダーメイドの内容によっては50万円よりさらにお得に購入できる可能性があるかもしれませんね。

スポンサードリンク

今回のまとめ

放送後に最終的にまとめを追記します。

(絶賛、執筆中!)

スポンサーリンク