エアーかおるスーパーゼロの実際の使い心地は?201と425の違いは?他のシリーズよりお得なのか?

お疲れ様です。

エアーかおるの大アウトレットセールでもらったタオル引換券を持ってエアーかおる本丸へ行ったら、新作のタオルが入荷していたので、買ったらまた引換券をもらってしまったので、このままエンドレスで通うことなりそう?!な状態になっている、君色です。

今回は現在はエアーかおる本丸のアウトレットセールでしか販売されていなかった「スーパーゼロ」がエアーかおるダイレクトでも限定販売されることになったので、実際の使い心地などをまとめました。

スポンサードリンク

エアーかおるスーパーゼロの実際の使い心地は?

201をエアーかおる本丸で開催された大アウトレットセールで購入したものを使った感想ですが、さすがエアーかおる!!と納得するぐらい、入浴後の身体を拭き取った際のさっぱり感が違います。

さらにロングヘアなのにドライヤーを使うのが好きではない私にとって、短時間でタオルドライが済んでしまう程、吸水性がスーパーゼロも高いことに、冬の時期は特に有難いと思いました。

洗濯は部屋干しでも生乾きしにくいので、使うだけでなく管理しやすいのも良い点だと思いました。

スポンサードリンク

201と425の違いは?

201はエアーかおるシリーズ最上級モデルである、エクスタシー(XTC)シリーズに使われている特殊撚糸『スーパーゼロ』を使って日本ではなく、ベトナムでタオルとして製造しています。

そのため、公式でも外国での生産によって価格がお得になっていると明記されています。

私からすればベトナム製に悪い経験がないからか、買う前から偏見ありませんでしたし、買う時に社員のおじさんがスーパーゼロの良さの説明がとても楽しそうだったので買いましたが、結果的にこちらも良いシリーズだったので良かったです。

次に425はエアーかおるシリーズ最上級モデルである、エクスタシー(XTC)シリーズに使われている特殊撚糸『スーパーゼロ』を更にバージョンアップした『スーパーゼロ425』を使用したタオルシリーズで、吸水力が向上し、肌触りやボリューム感も増しています。

こちらはまだ購入したことがないので、分かり次第追記したいです。

スポンサードリンク

他のシリーズよりお得なのか?

特殊撚糸『スーパーゼロ』を今治で製造しているエクスタシー(XTC)シリーズのエニータイムは1枚で税込で2420円です。

今回のアウトレットセールで販売されるスーパーゼロ201のエニータイムは2枚で2000円。

エアーかおるXTCスーパーゼロ425は2枚で3000円です。

2枚で機能性が高いものがタオル1枚の価格で買えるのはお得しかないです。

さらにスーパーゼロはエアーかおるダイレクトの通常商品には販売されておらず、筆者の調査上ではエアーかおる本丸でのアウトレットコーナー及び大アウトレットセールの時でしかチャンスがありません。

通販で購入できる機会は滅多にないので、エアーかおる本丸へ行く機会がない・遠方過ぎて行けない人はぜひゲットしてほしいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク