アイルランドの招き猫は取り寄せできる?似たような洋風タイプはある?【マツコの知らない世界】

お疲れ様です。

マツコの知らない招き猫の世界で、日本だけでなく世界にも招き猫があると知って驚きました。

中世ヨーロッパでは猫は魔女の使いということで迫害されていた時期がありましたが、福を招く動物として猫がいるのは不思議な感じがします。

さて、今回はマツコの知らない招き猫の世界で登場したアイルランドの招き猫がとても可愛くて、猫好きの私にとってたまらない逸品でした。

これって取り寄せで手に入れることができる代物か気になったので、調査してまとめました。

スポンサードリンク
 

アイルランドの招き猫は取り寄せできる?

紹介されたアイルランドの招き猫イルランド生まれのレース磁器人形「アイリッシュドレスデン」が、日本限定品として作った招き猫「ハッピーキャット」です。

お金持ちだったら即買いしたいぐらい、何度見てもとても可愛いらしい招き猫です。

さて、このアイリッシュドレスデンが数年前に日本での販売が終了となってしまい、大きく宣伝されて販売する機会があるのは百貨店限定で販売される、アイリッシュドレスデン製の干支の置物しか調査で探すことができませんでした。

さらにアイリッシュドレスデンのハッピーキャット【招き猫】は生産されたいた数も限定していたらしく、現在は骨董品や中古商品を扱うお店、通販、フリマアプリでは中古での流通しかありません。

Facebookにはアイリッシュドレスデンを扱う代理店のアカウントがありましたが、新作の情報が干支のみでした。

うーむ、どうしてメディアで紹介するものって本当に手に入りにくいものばかりなのか。てか、もっと早く宣伝してくれればアイルランド・アイリッシュドレスデンも日本での販売から撤退せずに済んだのにな…。

エインズレイ公式オンラインショップ

スポンサードリンク

似たような洋風タイプはある?

アイルランド・アイリッシュドレスデンの磁器人形は1つ1つ全て職人さんによる手作業のため、全く同じものを他のメーカーで探すのは大変失礼だと分かりつつも、日本でもう手に入りにくいのなら仕方ないです。

(外出自粛が無かったら探しまくれるなに)

私が調査したもので和風だけど洋風な雰囲気も出ていて可愛いと思ったのが「ノリタケ」の招き猫さん。

招き猫ミュージアムがある愛知県で作られており、画像は赤い系統の招き猫さんですが、右腕が上がっているタイプや青色系統の招き猫さんもいました。

アイリッシュドレスデンのようなレース技術はありませんが、ノリタケ独特の繊細な色使いには心惹かれると思います。

価格は引きますが……

ノリタケの招き猫さんは楽天市場や公式オンラインショップから新品で購入することができます。

ノリタケオンラインショップはこちらから

スポンサードリンク

おうちで招き猫の絵付けってできるの?

外出自粛で巣ごもり生活しているうちに、子供が普通のお絵かきでは退屈してしまってる親御さん、又は趣味がなくて暇を持て余している方には、おうちで招き猫を絵付けする方法はどうですか?

絵付け体験教室のように仕上げのニスやつや出しの薬剤はありませんが、最近の絵付けできる招き猫は、おうちにある絵の具・マーカー・色鉛筆で簡単に色付けができます。

金運だけでなく、病気を追い払う意味でおうちで招き猫を自分の好きなよう絵付けして飾るのも気分転換がてら良いと思います。

今回マツコの知らない世界で紹介された招き猫ミュージアムにも、「染付体験」として招き猫の絵付けができます。

2020/4/20時点では緊急事態制限によって、臨時休業中で体験おろか入館すらできませんが、外出自粛・新型コロナウイルスが解消された時には、ぜひとも行ってみたいです。

招き猫ミュージアムについては下記から↓

http://luckycat.ne.jp/mb/#ch01

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク