LITHON(ライソン)ハンディクレープメーカーの実際の口コミや取り扱い情報について【所さんお届けモノです!】

お疲れ様です。

皆さんはおうちでクレープを作ったことはありますか?私は中学時代に山のように高く積み上げたミルクレープを食べたくて何度も作ったことがあります。

ライトノベル小説「キノの旅」にクレープを山のように重ねて出す国の話があり、当時キノの旅にめちゃくちゃハマっていた私はそれを食べてみたかったので、学校でお菓子の本を借りて、家にあるフライパンで作りました。

薄い生地を作り続けるのはなかなか大変だったので、山のように大きく積み上げたミルクレープを作ることはできませんでしたが、当時ハンディクレープがあったらお年玉を使って絶対に買いましたね。

さて、今回はこのライソンのハンディクレープが所さんお届けモノです!で紹介されました。

ハンディクレープはアイリスオーヤマも発売していましたが、劇団ひとりさんが

スポンサードリンク

1.LITHON(ライソン)ハンディクレープメーカーの実際の口コミは?

上手く焼けるようになれるのに2,3回かかったという声が多くありましたが、コツさえ掴めば最終的にはきれいなクレープを焼けることが口コミで多くありました。

中にはこのコロナ禍でおうち時間を利用して子供と楽しむためにハンディクレープを使ったコメントもあり、とても楽しくクレープを作れたそうで、私も自分の子供が大きくなったら実際に一緒に作ってみたいなと思いました。

しかし、コメントの中には

鉄板が全面にある設計で火傷しやすいので気をつける必要がある。

重量(約700g)があるのでもう少し軽い方が使いやすい。疲れにくい。

など、口コミもありました。

クレープ生地を本体につけやすいようにガードがついていないのですが、熱々のフライパンを押し付けるのと同じことなので、火傷は子供大人関係なく本当に気をつけなくてはいけないですね。

スポンサードリンク

2.取り扱い店舗や通販について

この広告の数の多さが証明していますが、取り扱っている通販サイトは多くあります。しかし、ライソン公式HPではAmazon楽天市場を紹介しているので、それ以外の通販サイトで購入を考えている際は、ちゃんと正規品かどうかよく確認しましょう。

家電量販店ではヨドバシカメラがネット調査で1番に出ていましたが、ホームセンターでも探せば見つけることができるので、ネット通販からの取り寄せが苦手な方すぐにでも欲しい方は、ホームセンターで探すのも手ですよ。

スポンサーリンク