Nウォーム着る毛布・ルームウェアによる乾燥やおすすめのパジャマとして使える商品まとめ

お疲れ様です。

寝る時や朝起きた時の寒さを何とかしたくて寝具だけでなく、パジャマも暖かいものに衣替えや買い替えしようとしていませんか?

筆者は暖房をつけたまま寝るのは寝苦しくなりやすいので余り好きではなく、だからといって冷え性ではないものの、寒いものは寒いので、モコモコとした厚手のあるパジャマを好んで着ています。

敷パッドと毛布をNウォーム仕様にしてポカポカなのですが、昔から寝相が悪いので布団ごと蹴飛ばしていることが多いので、パジャマもあったか仕様にしないと夜中に何度も起きやすいからというのも大きな理由ですね。

さて、今回は筆者が実際に買ってみて良かった、パジャマとしても使えるNウォームの着る毛布やルームウェアの紹介します。

スポンサードリンク

1.Nウォーム着る毛布・ルームウェアてま肌が乾燥しない?

筆者は時々敏感肌+唇と手が乾燥しやすいですが、Nウォームの商品を使って肌がより乾燥したり荒れたことは一度もありません。

さらに洗濯するときは静電気防止に柔軟剤を必ず使い、寝具を肌が乾燥させないようにしてるのも大きな理由だと思っています。

ただ、妊娠中に初めてかかとが軽くカサカサになる程の乾燥を経験しましたが、敷バッドも毛布もNウォームだった上に他社のパジャマに変えたところで余り変わりませんてました。

出産後に完治しましたが、Nウォーム仕様の敷バッドや毛布で肌トラブルを起きたことがない人は、着る毛布やルームウェアを着ても肌トラブルは起きにくいと言えます。

スポンサードリンク

2.洗濯が乾きにくい日に乾燥機を使ったらダメ?

洗濯物が乾きにくい日や生乾きだった時に乾燥機をものすごく使いたい気持ちはものすごく分かります。しかし、Nウォームは乾燥機の熱によって機能の劣化と低下がしやすいので使うことが禁じられています。

しかし、Nウォームはからっと乾燥しやすき商品なので、エアコンの暖房の風に当たる位置に干したり、ストーブを使う場合はサーキュレーターを使って熱ではなく温風を当てることで、部屋干しでも痛みにくく乾燥させることはできます。

ちなみに一度だけこたつの中にフードだけ生乾きの着る毛布入れて乾燥を試みたことはありますが、早々に熱がこもって危なそうだったので即辞めました。

特に温度を上げた訳でもないのにとても熱かったので、Nウォームの機能性が低下する以前に下手したら火事の危険性を感じました。

スポンサードリンク

3.おすすめのパジャマとして使える商品まとめ

1.着る毛布シリーズ

妊娠中にマタニティー&授乳用のパジャマとして使えるのかな?というお試し心をキッカケにニトリのNウォームの着る毛布を普段買うサイズのもう一つ上を買ったのですがこれが大正解!

お腹周りがきつくなりそうな頃に西松屋でオールシーズンタイプのマタニティー用レギンスを買って併用しても、足元の暖かさは低くなることなく使え、夜間の授乳中も添い乳にすれば胸元もそこまで冷える込むことがなかったです。

母乳で汚れた時はウタマロ石鹸で前洗いするのがNウォームはどうしても水分をすごく吸うので少々面倒くさかったですが、真冬の11時過ぎでも干しておけば夕方には乾いたので、赤ちゃん用品店で買った授乳口付きのパジャマより何十回も使いました。

肌の乾燥が気になる方は保湿力の機能性を持ったNウォームモイストタイプもありますよ。

スポンサードリンク

2.Nウォームモイストのルームウェア

2019年に展示品限りで割引になったものを購入しました。ニトリでなかなか30%引きのものはお目にかかれないのと、私の大好きなカラーリングだったので買うなら今しかなかったです。

(証拠写真ものせておきます。)

流石に妊娠中は着れなかったで産後に着ようと思ったら出産後はそれどころではなく、結局着れたのが2020年の10月になってしまいましたが、Nウォームモイストのマタニティー用のルームウェアを販売して欲しかったよニトリさん!!と言いたくなるほどすごくふんわりしっとりで気持ちが良いです。

しかもNウォームモイストのもう一つの機能性である静電気を抑制してくれるので、脱ぐ時にバチバチ音がならないです!これからどんどん乾燥したら静電気が発生するかもしれませんが、少なくとも脱いだ後に肌が軽くしっとりしていました。

今年は何故かニトリネットではNウォームモイストのルームウェアセットが販売しておらず、別売りのものを買い揃えるしか方法がないです。

店舗にセット売りがあれば追記しますが、もしかしたらニトリは試着サービスがないので試し無しに買うのはなかなか勇気がいるのと、人の体型によっては上の服はMサイズだけど下のズボンはLサイズという方もいるために、セット売りをやめたのかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク