金があるなら銀もある?金継ぎ(きんつぎ)ができる範囲や依頼するオススメの場所について【ユーは何しに日本へ?】

お疲れ様です。

金継ぎされた食器や花瓶を見たことありますか?筆者は人生でも一度も見たことがない上に、今回の金継ぎを知るまで割れた陶器は直せないと思っていました。

接着剤でくっつけたら口に触れる食器として使えないし、お気に入りのものや思い出のものも泣く泣く捨てていましたが、もっと早く知りたかったです。

今回は2020/10/19のユーは何しに日本へ?で金継ぎに憧れ過ぎてタトゥーに『金継ぎ』と入れるほど好きになって日本へ来日した男性の外国の方が紹介されます。

とある日本語学校の先生が書いていたエッセイで、トンデモナイ日本語(入れた本人は意味を知ってない)をタトゥーに入れたお話を読んで驚愕していましたが、向こうの方々はタトゥーを入れる敷居が異次元レベルに違うんだなと思いつつ、自分の肌に刻むほど夢中になっている『金継ぎ』について気になったので調査しまとめました。

(ちなみに筆者はタトゥー自体は文化として尊重しますが、自分でやるのは痛いのが嫌な上に大好きな銭湯に行けなくなるのが地獄レベルに辛いのでやりません。)

スポンサードリンク

1.『金』継ぎもあるなら『銀』継ぎもあるの?

金があるなら銀で継ぐ方法もあるのかな?と調べてみたら銀粉を使った『銀継ぎ』の方法もあり、さらに色のついた『色漆継ぎ』もありました。

銀は金と比べてちゃんと手入れしないと黒ずみやすいから継ぎとして使えるのかな?と調べていましたが、『銀継ぎ』としてあったので変色の心配がないかなと思いました。

しかし、金と比べて華やかさはない代わりに、割れた箇所を余り目立ちにくい色合いを持つので、割れた食器や物のデザインや色合いによっては金を使うと華やかさや豪華さがプラスしにくいものもあるので、金継ぎの方法ではなく、銀継ぎを使う方法もありでしょう。

スポンサードリンク

2.誰でも金継ぎできるの?フィギュアも?

番組ではフィギュアを金継ぎしたいという内容が紹介されましたが、「金継ぎ」できるものは結構幅広いそうです。

・漆器
・陶磁器
・ガラス
・プラスチック
・ステンレス

漆って肌がかぶれやすい代物なのでプラスチックって大丈夫なのか?と思っていましたが、案外イケることに初めて知ってビックリです。

美少女系のフィギュアでやったら流石に違和感満載ですが、戦闘ロボット系や金継ぎしたら何か新しいパワーをに目覚めた感じがしてカッコ良いですね。

スポンサードリンク

3.新うるしを使った簡単金継ぎキットは口にいれても安全?

合成うるしとも呼ばれるうるしに似せた合成塗料で、本物の漆を使っう方法よりも工程数が少なく簡単に金継ぎが行いやすいため、初心者の方にも気軽に挑戦できるので扱いやすいです。

しかし、合成うるしは原料は主に植物性の樹液を使っているものの、釣り具を塗装するために作られた合成塗料で食器用ではないため直接口に触れない部分などの金継ぎにしか使えません。

フィギュアや花瓶などの食器ではないものを金継ぎするのなら問題なさそうですが、これからも食器として使いたい場合はきちんと使う金継ぎキットの原料をよく調べて確認する必要がありますね。

他のサイト様では金継ぎの簡単体験キットが多く紹介していたので、私は先ほど紹介した銀継ぎの簡単キットを紹介します。

こちらは漆店が作成した本格的な銀継ぎ用のセットなので、お値段は金よりさらにお高めですが、材料は食品用食器に使っても大丈夫です。

鹿田喜造漆店公式ホームページ↓
https://www.shikataurushi.com/products/detail.php?product_id=484

スポンサードリンク

4.金継ぎをネットで依頼できる?オススメのところは?

つぐつぐ

https://tsugu2.com/

割れた&欠けものの修理の依頼だけでなく、金継ぎ作品の販売・購入もできます。

こちらは漆器やそれに関する情報を発信しているサイト様が紹介していたので、こちらも載せました。

おうちに修理するものはないけど金継ぎした食器類を1つは欲しいなと考えている方にも良さそうです。

aeru

こちらは金継ぎができる職人さんが会員として登録しているサイトで開設したばかりです。

自分に合いそうな職人さんを指定して依頼することができ、依頼料も3500円前後からとお値段も一般的な金継ぎの相場です。

https://a-eru.co.jp/repair/kintsugi/

鹿田喜造漆店公式ホームページ↓

https://www.shikataurushi.com/products/detail.php?product_id=484

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク