手洗いなんてめんどくさい!ニトリのもちもちクッションを洗濯機で洗う方法や注意すべき点について。

お疲れ様です。

そろそろ洗おうと思っていたクッションが手洗い表示、又は洗濯不可だった時はかなり困りますよね?

手洗いなんて特に冬場の寒い時期にやるのは風邪覚悟でかなり勇気が入りますし、脱水なんてどのくらい時間がかかるのか想像がつきません。まあ筆者はクッションを手洗いしたことが一度もなく、全て洗濯機で済ませているので成功も失敗もやらかしています。

失敗は成功の元ということ言葉がありますが、いかに家事の負担を軽くするために生まれた文明の利器である「洗濯機」を上手く使えば、手洗い推奨のものも洗濯不可のものも行けると思っています。(偉そうなこと言っていますが、ぶっちゃけいかに楽ができるズボラの方法を探していることに過ぎません。)

さて、私はニトリの人をダメにするクッションで有名な「レストクッション(ひんやりNクール仕様)」をはじめ、座布団、スリッパ、そして記事で紹介していませんが長座布団とモチモチクッションも洗濯しました。

ここ最近、私のサイトへアクセスする検索ワードで「もちもちクッション」が入っていることが多くなっていたので、これは実際に私が成功した洗濯方法を紹介しなくては思い、もちもちクッションを洗濯機で洗う方法や注意点などまとめてみました。

スポンサードリンク

1.まずもちもちクッションを洗濯機で洗う際に注意すべき点とは?

1.多少の変形は避けられない。

洗濯機に手洗いモードはありますが、これはあくまで機械的に弱く洗濯物を洗うだけで、加減を様子見ながら手洗いするのと違います。

まあ洗濯物を使いたい人のほとんどは少しでも楽に洗濯できるなら、多少の変形は気にしないと思いますが。

2.乾燥機は使わない方がよい。

家庭用も業務用もそうですが、洗濯物を乾燥させる時は常にひたすらまわしています。

この洗濯物を回している最中にクッションの綿がへたったりつぶれたりするだけでなく、高温でクッションの生地が急激に縮んだりするリスクが高いです。

3.他の洗濯物と一緒に洗わない。

洗濯機の機種や洗濯容量(サイズ)によって洗い上がりは異なり場合もあると思われますがそれよりも、もちもちクッションを洗うときは他の洗濯物を入れないことです。

やわらかいもちもちクッションと他の洗濯物が入っていることで、洗濯機内でもちもちクッションをタコ殴りしやすい状態になるので、クッションの中の綿がへたりやすくなるからです。

スポンサードリンク

3.洗濯ネットにいれるべきタイプがある。

もちもちクッションの中には毛が長いロングファータイプ、そして動物系になると尻尾がついているものがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モチモチクッション(ロングファー O) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】 〔合計金額11000円以上送料無料対象商品〕
価格:999円(税込、送料別) (2020/11/12時点)

楽天で購入

このタイプを洗濯する場合は破損や劣化防止のために面倒なことは承知ですが、洗濯ネットに入れることを強く推奨します。

マカロンタイプのクッションもクリームを表現するために毛をもこもこにしているので、あの可愛らしさを維持するためにも洗濯ネットが必要ですね。

スポンサードリンク

2.もちもちクッションを洗濯機で洗う方法は?

筆者が紹介するのはあくまで

こちらは我が家が実際に愛用している、もちもちクッションのぎょうざウメ(小)です。手洗い推奨のやつですがこちらはネットに入れずがっつり何度も洗濯してます。

しかも、他の洗濯物と一緒に洗わないことを紹介したのに、ガーゼハンカチとか靴下など、前回の洗濯の時に入れ損ねた小物系の洗濯物を2、3個一緒に洗ったりしています。

これはネットに入れることさえ面倒な私がよくやるのですが、クッションより小さいもので3個までなら全く問題がなかったからこそ続けている方法です。

洗う洗濯モードは我が家の洗濯機でいうと『おしゃれ着洗いモードコース』になりますが、一般的には『手洗いモードコース』のことを指します。

中のわたをヘタリを少しでも復活させるために、干す前によくクッションを袋をくしゃくしゃする要領で軽くほぐしています。これを行うだけで乾いた時の仕上がりが全く違います。

干す時は室外機の上や物干し竿に載せたら下の部分がしっかり乾ききらないので、枕ぐらいの大きさのもちもちクッションの場合は、洗濯ハンガーで4、5本ピンチ使って吊るすか枕専用ハンガー丸干し洗濯ネットとか使うと、途中で裏返す手間が省けるので便利ですよ。

大きいタイプのもちもちクッションの場合は下手に吊るすと重みで物干し竿が変形する危険性があるので、途中で裏返す必要がありますが、室外機の上にマットかすのこを敷いてその上に干します。

そして最低一回は裏返して全体的に乾くようにすれば、レストクッションもそうですが冬場で日差しのある良い天気だったら1日で乾かせます。

(本当は室外機的に良くないですが、アパート住まいなど干す場所に制限ある場合もありますし。)

スポンサードリンク

3.おすすめの洗剤や漂白剤・柔軟剤は?

我が家が最近ハマっているのはCMで近日発売と宣伝していた、アリエールバイオサイエンスジェル。

これ、1つで追加ハイター無しで洗い切れていないニオイとかネチャっとした汚れが残らずキレイに落としてくれるので、洗い直しの回数が一気に減りました。

おかげでクッションを洗う余裕が出てきたのでかなり重宝しています。

食べこぼしのシミにはクッションについた時は酵素系ブライトを直接かけてそのまま洗濯すればOKです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブライトSTRONG 衣類用漂白剤 つめかえ用(900ml)【ブライト】
価格:427円(税込、送料別) (2020/11/12時点)

楽天で購入

頻繁にクッションを洗いたくない&中の綿を少しでもふわふわ感を持続したい場合刃柔軟剤が不可欠ですが、筆者的にはレノアのスポーツタイプをオススメします。

汗のニオイとか本当に抑えてくれますし香りが甘ったるくないので、夫も気にせず気持ちよく使ってくれています。

スポンサードリンク

スポンサーリンク