保証書代わりにポイントカードは絶対に作ろう!!

お疲れ様です。

有効期限のないポイントカードは必ず作ってしまう君色です。

ポイントカードがすぐ出せるように種類別に分けてはいますが、時々出すのに苦労しています。

最近はスマホのアプリと連携できるカードも多くなったので、あまり使わないカードはアプリに移行し、端末のメモリが一杯になるのを防ぐためにアプリを消しても登録情報が消えない公式のものを使用しています。

(非公式のアプリだと情報漏洩・乗っ取りが多いからです。)

さて、今回は家電量販店のジョーシンでポイントカードのおかげで、保証書無しでも無料修理ができたことを紹介します。

何処にもない!!保証書が紛失した!!

結婚前で新居もまだ決まっていない時期に、セールで大幅安くなっていた東芝製のオーブンレンジを3年保証付きで購入しました。

そして引っ越してまだ使用してから5回経っていない内にレンジを開けた時に扉を支えるレバーらしき?金具が突然取れました。

その時は金具が取れたぐらいで扉の開け閉めには全く影響がなく、他の機能も問題なく使えたので、すぐに修理には出しませんでした。

がしかし金具が取れてから1年ぐらい経ったある日に、通常の温め以外の機能が全く使えなくなり、さらに温め中にエラー音が出て緊急停止

さらに日よっては温め過ぎ・全く加熱されていないなどのトラブルが頻繁に起きていましたが、物理的に時間が夫婦ともに余裕がなかったため修理に出せませんでした。

さらに日が経ってから、とうとうボタンを押しても音が鳴るだけで温めすらできなくなったため、ようやく修理に出すことを決意したのですが・・・・

保証書がない!!!!!!

引っ越しした際、電化製品系は紛失しないように1つのファイルにまとめていたのですが、レンジだけは梱包された外箱に貼り付けていたので、どうやらその時に無くしたみたいでした。

(保証書をレジ袋に入れる人もいますが、絶対におすすめしません。)

ダメ元でネットで探ってみると・・・。

保証書を紛失した場合、ポイントカードで買い物していれば問題ないお店も多いですが、一部の店舗では保証書がなければ受け付けないところもあるので、ジョーシンは大丈夫か調べてみました。

結果は「ポイントカードの番号」が分かっていれば、購入履歴から保証を受けられる(ただし無料保証内か否かは購入履歴次第とありました。

保証書無しでも大丈夫と夫婦共に安心したところで、ジョーシン公式の修理依頼フォームにアクセスし、修理案内一覧からレンジ類は持ち込み依頼不可商品であることを確認してから「出張修理依頼」を申し込みました。

ポイントカードの番号はレンジを買った時と違い、普通のポイントカードからクレジットカード式(現金払いも対応できる新設なやつ)に変更していましたが、カードの裏面にあるバーコードの上部に番号が記載されていたので問題なく入力できたのですが・・・・

夫「次の項目で購入時期があるんやけど何月だっけ?」

購入引っ越しした時なので明確に覚えていましたが、購入したが引っ越しした月の1か月前なのか2か月前なのか、ハッキリ覚えていませんでした・・・。

夫と必死に記憶を探りましたが、履歴は嘘つかないから後は履歴に任せようと思い結局、1か月前ぐらいの日付を記入しました。

そして運命の日・・・・

電化製品の症状によっては工場へ一旦持ち帰るらしいため、夫婦ともに重症だし回収されてから修理かなと思っていました実際は自宅内で修理が行われました

検査結果は

・赤外線センサーがズレていて上手く機能していない。

・扉の開閉するバネが飛んでしまっている。(扉を激しく閉めたのが原因だから次回から優しくねと)

・コンピュータに何かあったらしく、新しいものに交換。

・取れた金属レバーみたいなもの?は激しく扉を開け閉めしたのが原因だね。

(しかし激しく開け閉めをし出したのは金具が取れてからなので本当に原因不明。)

渡された明細書を見て、料金がかかっていないことに安心していたのですが・・・・

保証期間に入っていない場合修理見積もり料修理する・しないに関係なく1080円かかり、さらに夫の調べでは取れた部品を設置し直すだけでなく赤外線センサーの調整とコンピュータユニットを交換しているので2万弱はかかるみたいでした・・・。

あまり行かないお店だしポイントカードは財布やポーチにかさばるしで若い人でも作らない人が多いこの時代で、ポイントカードを作っておいたおかげで保証書を紛失したにも関わらず修理を受けることができました。

ただし、ジョーシンは保証期間内であっても破損状況や不具合によっては追加料金が必要となるので注意が必要です!(その点ケーズデンキの安心保証は本当に素晴らしい・・・)


かさばると敬遠しがちなポイントカードはいざという時に助けてくれる強い味方です!!!

特に保証書は取り扱い説明書の裏面に添付だけでなく記入されていた昔と違って、レシート用紙に印字されただけの小さな紙なので、キチンと保管しておかないと非常に失くしやすいです。

保証書なんて絶対に失くさないからポイントカードはいらないと思う人も、無料で入れる保険としてポイントカードを持っていても絶対に損しません!

ちなみにケーズデンキニトリもポイントカードがあれば、保証書無しでも大丈夫な場合が多いです。

この記事で私みたいに保証書を紛失して困っている人が少しでも解決に繋がれば幸いです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク