パズルしながらポケットティッシュケースが作れちゃう?!

お疲れ様です。


今まで一番辛かったパズルはラッセンのあるイルカ作品で、完成まで1年かかった君色です。

イルカが3頭いるだけで後は模様もなく、濃淡が余りない青ばかりだったので、「戦慄のブルー」と家族で呼ばれるぐらいでした。

パズルの公式HPでもネットでも発売されたのが2000年前後だったからか、古すぎて探すことができず、そもそも作品名も控えていない・・・

ただ、パズルを完成した後に買った2つ目のパズル作品はネットで見つけることができたのですが・・・

価格が6800円・・・当時、定価2000円で買ったのですが・・・

さて、今回はパズルということでゲッティーズのモニターより「アニマルポケットティッシュケース」を紹介します!

ゲッティ―ズって本当に当たるの?(当選結果 更新中)

スポンサードリンク
1.日本生まれのパズル!!


こちらは「f-pzl エフパズル」という商品のひとつで、日本生まれの世界で初めてのフェルトパズルだそうです。

手を使う=頭を使う

接着剤を一切必要としないので、3歳からのフェルトクラフトとしてもおすすめだそうです。

同封されたチラシには、指人形やおもちゃ、バラの花、中にはドレス作品もあったので、ピースの組み合わせだけで作品可能性は無限大だと感じました。

http://f-pzl.shop-pro.jp/?pid=133522165

スポンサードリンク
2.初めての方向けのキットあります。


今回モニターとして届いたのが初心者向けのキットである、「アニマルティッシュケース」

モニターでは動物のタイプは聞かれていなかったので完全なランダムでしたが、どちらも大好きなうさぎタイプねこタイプでしたが、他にはライオンなどもあるみたいです。

スポンサードリンク
3.簡・・単?


さて、このエフパズル・・・ちゃんと分からない人向けに動画や解説がネットで紹介されているのですが・・・・

http://www.f-pzl.com/blog/archives/158

私は説明書だけやってみようと思い、実行しました。

最初の所は何も問題なく組み立てれたので、本当に簡単だなと思って進めていきました。

.......

組み立て自体、全く難しいのではないのですが、図に赤ペンで色をつけないと位置を間違えそうになります。

何回か間違えてしまいましたが、すぐにパーツが外せるのでやり直しがしやすいだけでなく、使われているフェルト生地がとても丈夫なのが良い点です。

ポケットティッシュは下から入れて、組み直すのですが、1度に3つも入るので鼻水に困っている人だけでなく、デスクワークでティッシュを置くスペースがない人、オシャレにティッシュを置きたい人におススメ!という宣伝は嘘でないなと感じました。

そして完成したのが、こちら。

キットには目玉シールもついているのですが、どうも好みではなく、むしろ目が無い方がウサギが可愛く映えました。


今回のは商品はこちらから購入可能です。
http://f-pzl.shop-pro.jp/?pid=133522165

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク