Mステに今後YouTuberが出演し続けるのか?

お疲れ様です。

TVを見る時間よりYouTubeの方が圧倒的に多くなっている、君色です。

過剰に規制されたTVより程々の規制音があるYouTubeの方が面白いし、私自身の生活ではできないことを代わりにやってくれるYouTuberさん達はある意味尊敬してしまいます!

(余りにも酷いものは許せませんが・・・)

最近、ミュージックステーションにYouTuberが出ることによって「すごい!!」「さすが!!」「応援する!!」という声がある一方

場違い」「へたくそ」などの厳しい声もあります。

今回はミュージックステーションスーパーライブで登場したHikakinさん&Seikinさんのことだけでなく、YouTuberが出演することへの厳しい声がある理由、そして今後出演するのが可能性のあるYouTuberさんの予想もまとめました。

Mステに出演する和楽器バンドはどんなバンドか?

1.YouTuber枠が1組のみ?


 今回でミュージックステーションへ出演はこのスーパーライブ2018年で3回目になったHikakinさんとSeikinさん。どのブログさんでも紹介されているので、簡単にまとめるとお二人は実の兄弟です。

メガネで老け顔に見えるHikakinさんが

スラっとしているSeikinはで、2018年に1児(チビキン)のパパになりました。奥さんである「ポンちゃん」はSeikinさんの動画で顔NG状態で手のみや声のみで登場しています。

お二方ともビートボックスが得意で、お互いの動画のOPも実際にご本人たちが歌っているのを使用されています。

動画内では出演するYouTubeの組が1組のみという発言があったので、元々出演する枠が決まっていたのだと思われます。

今回の衣装はスーパーライブのためだけに特注したもので、ただの色違いの衣装ではないです。SEIKINさんのだけHikakinさんのと比べて衣装が長めになっており、スラっとした体形に合わせて制作されたそうです。

ステージに飛んでいるシャボン玉はCGではなく、本物を使用しているそうで、リハーサルでも実際に飛ばしています。

2.何故厳しい声があるのか?


ミュージックステーションに出演する人達は「歌うこと」=仕事であり、アーティストはいわば「役者」。

さらにアーティストとして活躍できるのは一握りだけでなく、ミュージックステーションへ出演することが夢という思いを持っている人もいます。

そんな世界に「素人」であるYouTuberが「歌」で稼いでいる訳でもないのに、たった短い期間でミュージックステーションへ出演することが許せない!!という声が出てきます。

中には応援しているアーティストが未だに出演できないのになんでこの素人が!!と怒るファンもいるでしょう。

しかしミュージックステーションのコンセプトは

『ステーション』を冠した理由について番組開始当時、「新しい形式のニュース番組として定着した『ニュースステーション』にあやかって、その音楽版という意味で『ミュージックステーション』と名付けた」(Wikipediaより)

つまりアーティストや素人の区別は一切なく、リアルタイムで取り上げられる音楽をニュースとして取り上げるので、YouTuberが出演しても不思議ではないです。

またYouTuber=「素人」と本人達も言っていますが、YouTuber=「仕事」として真面目に動画制作をしているので、素人という名の役者と言ってもいいでしょう。

YouTuber以前に葉っぱ隊などのお笑い芸人や声優、俳優、女優なども出演していますし、何より芸能人達がYouTubeの世界に登場しているので、もはや素人の世界とは言えなくなりつつあります

3.今後出演の可能性のあるYouTuberは?


まず第一に出てくるのがMステへYouTuber2組目として登場した「Fischer’s-フィッシャーズ-」(UUUM所属)

 緊張とTVでのライブ慣れをしていない関係で場違い感がありましたが、リハーサルでの演出実際のライブでの演出が異なっていたのが関係していたかもしれません。

(ザカオのブレイクダンスが変わっていました。)

歌う担当であるンダホは曲作りだけでなく、ボイストレーニングへ通う程、歌への力の入れ方は「素人」ではないです。

ただ、ンダホは公式ふざけグッズの「ふざけファクトリー」も担当しており、さらにフィッシャーズ自体、メンバーが動画内でも全員揃うことがめったにないので、再びメンバー全員でMステに出演できるのか?あるいは歌う担当のぺけたんとンダホの二人のみになるのか?

某有名なカバー曲も担当した経験があるので、再出演の可能性が非常に高いYouTuberです。

カル✖ピン(VAZ所属)

金髪と黒髪の独特のヘアーのヒカルとピンキーをコンビに、VAZを脱退した覆面YouTuberのラファエルがプロデュースした音楽ユニット。

 

授業料3時間で45000円のボイストレーニング(動画にもあります。)して3日後にレコーディングして、さらに2018年12月末にライブをするという過密スケジュールを動画で発表。

多くのゴーストライターに作曲させているみたいで、結成が2018年9月なのに3か月後の12月時点でシングル10thをMV付で発表しています。

ピンキーはライブ経験がありますが、ヒカルは大炎上の経験があってもライブ経験が全くないので、今後はどうなるでしょうか?元々ファンとの対応は好評であり、TVの出演経験はあるのでトーク力は問題ないでしょう。

カリスマブラザーズ(UUUM所属)

日本とアメリカを行き来し、アメリカならではの過激な挑戦や下ネタ・お酒ネタなどなど、好き嫌いが分かれやすい。結構面白いけど。

こちらはメンバーの「ミノ」がミノタウロスというグループを組んでライブをしていますが、動画自体が良い子に見せたくない大人向けのものが多いので、可能性は未知数です。


今後、Mステの見方や価値観、YouTuberの立場も変化していくのは間違いですが、一番大事なことはプロ・アマチュア関係なく、「いま」の音楽を知ることです。素人だからという理由でまるっきし非難するのは勿体ないです。

さらにとあるYouTuberを例えばあなたが非難しました。もし友人や同僚、上司がそのYouTuberが大好きだったら・・・・特に上司の場合は怖いですね(大汗)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク