キャラチョコ&痛チョコを半日で作る方法のまとめ

お疲れ様です。

バレンタインのお菓子は失敗しないように作っていましたが、失敗作を作ってもいいのよ~♪とお皿とフォークだけでなく、お茶まで淹れて準備してた妹がすごいな・・・と思った、君色です。

さて、今回はバレンタインまでもう数日しかないけど・・・

アイディアが思い浮かばない!!

キャラチョコ作ってみたいけど時間がない!!

そんな方向けに実体験も交えてまとめてみました!!

1.クオリティより好きなモノ

結婚するまで実に10年以上、夫にバレンタインプレゼントを贈り続けていた筆者ですが、夫に今までで一番嬉しかったバレンタインプレゼントを聞いてみると

「やっぱり魔理沙の痛チョコがあったチョコレートケーキが嬉しかった!!後は阪急電車のチョコケーキ!!」

痛チョコとは、キャラクターの絵をチョコに転写した今でいう「キャラチョコ」のことですが、私が作った学生時代では「痛チョコ」と呼ばれていました。

自作したのはキャラチョコのみで、ケーキは当時バイトと大学の時間で物理的に作れなかったので、お気に入りのケーキ屋さんでキューブ型のチョコレートケーキを購入しました。

夫には当時でも自作したのはキャラチョコのみと説明していましたが、美味しいのも嬉しいけど自分の好きなキャラクターをチョコとして作ってくれたのが物凄く嬉しかったと語ってくれました。

ちなみに私は絵心が全くないので、転写でもあまり細かい描写をしなくても済むように、画像のようなデフォルメタイプでキャラチョコを作りました。

私が当時お世話になったキャラチョコ(痛チョコの作り方)の作り方のサイト様を紹介しようとしたのですが、残念ながら閉鎖されていたのか見つからなかったので、次の項で他のサイト様で参考にできるものを紹介します!!

ちなみに阪急電車のケーキはガトーショコラ生地を電車のように長方形に切ったものにテンパリングしたガナッシュをかけて冷却した後、予めチョコペンで描いて作っておいた窓・パンタ・ライトを貼り付けて、最後に番号を描きました。

見た目は完璧に幼稚園児が作るようなクオリティーでしたが・・・

2.バットと爪楊枝があれば失敗いらず!

チョコの描き方は下記のレシピが私が実践したものに一番近いものだったので載せておきます!

https://cookpad.com/recipe/3710821

しかしこちらのレシピで使用しているシリコンシートを使うより、クッキングシートで代用した方がはるかに安価(100円ショップのものでもOK)に済みますし、使い終わったら捨てるだけなので片付けの負担も軽くなります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クックパー クッキングシート M(25cm*5m)【クックパー】
価格:276円(税込、送料別) (2019/2/10時点)

クッキングシートが浮く防止として、クッキングシートを必要な大きさに合わせて予めカットしておくと良いです。

さらに!!時短テクニックとして、冷凍庫で30分程冷やしておいた金属製のバット(100円ショップでもOK!!)を裏返して、その上にキャラチョコで書きたい絵➡クッキングシートを載せて行うと、チョコが垂れにくいだけでなく、失敗しても爪楊枝で簡単に剥がすことができます!

キャラチョコのコツは最初のアウトライン黒色チョコを使用する部分)さえ描ければ、バットごと冷凍庫に入れて5分冷やしてから違う色を入れる。

他の色を入れる前にまた5分程(チョコの大きさによっては10分程)冷凍して、表面が固まっていたら色を入れていく。

この繰り返しでキャラクターの色が全て入ったら最後にホワイトチョコレートをかけて、冷蔵庫で冷やすだけです!

テンパリングなどのツヤだしのやり方に自信がない方は、チョコレート作りの簡単キットのものを活用するとやりやすいですが、ホワイトチョコレートは湯銭で溶かす時に水分が入らないように気を付ければミルクチョコレートと違って余程見た目は大丈夫です。

チョコの色付けは食紅を使う方法もありますが、それだと材料費が高くなるだけでなく後の使い道も大変ですし、何より美味しいチョコとして仕上がるのは、余程のお菓子作りの経験がないと難しいので、色付きのチョコペンでやった方が失敗はありません!!

私は100円ショップのチョコペンだけでキャラチョコを作り、成功しました!!

キャラクターによっては肌色にこだわりたい方はこちらの方のレシピで行うと、失敗づらくなく美味しく作れると思います。

(私はそこまでこだわる頭がなかったので、肌もホワイトチョコペンで済ましました。)

ただ「きなこ」を使用するので、プレゼントする方が大豆アレルギーでないかよく確認をしましょう!

きなこは大豆が原料になっています。

https://cookpad.com/recipe/5199988

キャラクターで黒色の服や髪の場合は、変にブラックチョコレートで着色するより、ペンチョコの茶色のミルクチョコレートでやった方が味の失敗はありません。

3.ラッピングって何がおすすめ?

キャラチョコの場合、袋に入れると体温でせっかくのチョコが溶けて台無し・渡す前や渡した後に何らかの衝撃で割れてしまってはせっかくの苦労も水の泡なので、できれば箱型のものが望ましいです。

生チョコレート用のラッピングセットがおすすめです。

ラッピングセットは100円ショップやショッピングモールの特設売り場だけでなく、カルディや24時間営業のトライアルでも取り扱っています。

夫の経験曰く、

・ラッピングはシンプルに開けれる構造の方がうれしい。

・チョコの周囲のモジャモジャ(おそらく緩衝材代わりのラッピング)が邪魔くさい。

私もチョコだけでなくラッピングにもかなり悩んでやっていたのですがもらう男性から見れば

チョコを貰えること自体が嬉しい!!

ラッピングも見るけれど、中身の方が一番気になるせいか記憶に残っていない(そういう私もラッピングは構造だけで色や柄は全く記憶に残っていない・・・)

なので、ラッピングの外装に神経削って考えなくても、チョコレートが箱にきちんと入っていれば問題ないです!!

4.実際キャラチョコ作るのにかかった時間

キャラチョコに使う画像選びは通学中のバスの中で選出

自宅でワードを使って画像の大きさを補正・印刷して下絵を作成。

(この間にバットを冷凍庫に放り込んでおく。)

アウトラインに使うチョコペンを熱湯の入ったマグカップに入れて溶かしておき、パレット用に小さく切ったクッキングシートをいくつか作っておく。

バット、下絵、クッキングシートの順に載せて転写準備完了。チョコペンの先端ギリギリのところをカットして、押し出した時にチョコが爪楊枝並みの細さだったら、チョコペンでアウトラインを描いていく。

太かった場合は先ほどパレット用に小さく切ったクッキングシートに少しずつ絞り出しながら、爪楊枝でアウトラインを描いていく。

少しゆがんだ部分があったら爪楊枝で剥がしてやり直していく。

チョコを載せても固まりにくくなったなと感じた時は、線が壊れるのが怖かったので、5分程バットごと冷凍庫に入れて冷やしていました。

アウトラインを描く作業で1時間程。

アウトラインとは違う色を1つ載せてから再び5分程、冷凍庫。

次もアウトラインとは違う色を載せていきました。そうすることで配色の間違いリスクを低くすることができるからです。

色の配置で休憩やチョコペンを湯銭するためのお湯沸かしも含めてトータルで30分程。

仕上げに強化するためのホワイトチョコレート・・・を買い忘れたが、当時は自宅周辺に24時間営業のお店がなかったため、余ったチョコペンを使って背景をシマシマにするアイディアで乗り切る。

(チョコケーキのプレートとして作っていたため結果的に問題なかったが、チョコペンだけのチョコは非常にモロイので、強化用のホワイトチョコレートは必須!!)

この作業で30分程。

作り終わったのが夜中の0時。冷蔵庫に入れて翌朝の8時にはキチン固まっていたが、これはあくまでチョコペン100%で作った場合なので、通常のホワイトチョコレートで強化させている場合はよく確認しよう。

(余程レンガ並みの厚さでなければ1晩冷やしてあれば充分に固まっている。)


いかがだったでしょうか?

今回の記事でキャラチョコ・痛チョコに少しでも興味や作る助けになれたなら幸いです!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク