【浪速のロッキーをKO】大和田正春(おおわだまさはる)の現在は?妻や年収も調査!赤井英和を引退に追い込んだ天才ボクサーが消えた天才に!

お疲れ様です。

今回は浪速のロッキーと呼ばれた、赤井英和さんをKOし引退に追い込んだ天才ボクサーとして登場した、大和田正春さんの現在などを調査し、まとめました。

スポンサードリンク

1.プロフィール

1961年1月12日(2019年時点で58歳)東京都練馬区生まれ。

在日米軍兵士であったアメリカ人の父と日本人の母との間に生まれたハーフで、褐色の肌にスキンヘッド、口髭というその風貌から和製ハグラーと呼ばれていました。

選手プロフィール

1979年6月28日、角海老宝石ボクシングジムからジュニアライト級でプロデビューも4R判定で敗退。

1980年12月28日、東日本新人王ジュニアライト級優勝を賭けて新山泰次郎に挑むも6RKO負け。

1984年9月17日、赤井英和さんをアマチュア時代に倒した男として注目されたプロ5戦5勝の野村勝英に1RKO勝ち。

1985年2月5日、大阪府立体育会館で野村を破ったこともありウェルター級に階級を上げ、赤井の世界前哨戦の対戦相手として出場し、左ストレートで7回KO勝ちを収めた。

この試合で赤井英和さんは脳挫傷を負って生死の境をさまようこととなり、引退しました。

1986年8月11日、3月24日に一度破っている無限川坂と日本ミドル級タイトルを争い、10R判定で王者となりました。

その後4回防衛しましたが、1987年9月6日、OPBF東洋太平洋ミドル級王者ポーリー・パシレロンに挑むも7RTKOに敗れました。

12月14日、大和武士を5RKOで退け5度目の防衛を果たしましたが、網膜剥離(もうまくはくり)によりタイトルを返上し、現役を引退しました。

スポンサードリンク

2.妻はいるの?家族構成は?

2015年時点では奥さんと2人暮らしとの情報がありましたが、子供がいるのか?そもそも結婚生活を継続しているのかも不明でした。

3.現在の仕事は?年収は?

Wikipediaでは埼玉県狭山市の多寿満ボクシングジムでトレーナーとして後進の育成にあたっていると記載がありましたが、2015年のネット記事には、週末はトレーナーとして未来のボクサーを育成し、普段は高松電鍍工業の製造部次長として働いていると記載がありました。

2019年現在の詳細は番組で確認しないと分からない状態です。

引用記事:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/160268/4

スポンサードリンク

4.鉄拳に出演している?!

鉄拳と言ってもゲームの方ではなく、映画の方に出演しており、さらに最後の対戦相手である大和武士さんが主演としています。

鉄拳の出演前には1987年に出版された赤井英和さんの自伝をもとに、赤井さん本人の主演で阪本順治さんが監督・脚本を務めた『どついたるねん』に出演しています。

ちなみに「どついたるねん」は漫画版もあります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク