黄綬褒章を受章した柏木一枝の山中工房はどこ?他の和紙との違いは?商品の取り扱い店舗は?通販など調査まとめ!岐阜県の山奥で全国から注文殺到する和紙を作る82歳の小っちゃなおばあちゃんが、がっちりマンデー!で登場!

お疲れ様です。

今回はがっちりマンデー!で紹介された黄綬褒章を受章した、岐阜県の山奥で全国から注文殺到する和紙を作る82歳の小っちゃなおばあちゃんこと、柏木一枝さんの山中工房はどこなのか、他の和紙との違いや商品の取り扱い店舗など調査まとめました。

スポンサードリンク

1.山中和紙とは?他の和紙と違うの?

山中和紙の名は、飛騨紙(ひだがみ)の産地の中で、いちばん山の中で生産されていたことからついた、といわれています。

厳しい自然に育まれた「山中和紙」は、原料である楮(こうぞ)の色や繊維を生かしたナチュラルな風合いの素朴な美しさと優しい感触が人気で、便箋や封筒だけでなく、インテリアや雑貨にも使われています。

他の和紙との違いを比較すると、全国に多数に手すき和紙が存在しているので一概には説明できません。

筆者が分かる範囲でいうと、同じ岐阜県に「美濃和紙」でいうと、伝統の透かしが美しい提灯や和傘など高級感を演出するのも、便せんや封筒、折り紙などの日常も作るのも得意な子で、山中和紙は温かみのあるナチュラルな日常感も得意な子という印象です。

(放映後に印象変わるかもですが・・・)

まあ美濃和紙ちゃんは靴下とか服とかズボンとか、紙という姿にとらわれない自由な子という印象の方が強いですね。

2.取り扱い店舗は?通販は?

残念ながら山中和紙を取り扱っているお店を放送前に見つけることができませんでした・・・。

美濃和紙なら美濃市内及び周辺の道の駅でお土産として見かけるので、もしかしたら飛騨市の道の駅で見つけれるかもしれません。

スポンサードリンク
ちなみにいなか工芸館にて、山中和紙を実際に手すき体験できます。

電話での完全予約制なので、手すき体験を希望の方は行く前に必ず予約と休館日の確認をしましょう。

住所:岐阜県飛騨市河合町角川709

JR角川駅発市営バス二ツ屋口停留所から徒歩2分

飛騨古川から車で約20分

電話番号:0577-65-2912

営業時間 8:00~17:00

定休 不定休

料金 入館料 無料

かみすき実習費 1人1回 500円

駐車場あり(10台)


黄綬褒章を受章した川敬醸造みその取り扱い店舗は?通販は?仙台味噌の美味しいおすすめの食べ方(作り方・レシピ)など調査まとめ!醸造のプロが編み出した、業界を一変させる技術ががっちりマンデー!で紹介!

上越クリスタル硝子・月夜野工房ガラス商品の取り扱い店舗は?通販は?月夜野びーどろパークへのアクセスなど調査まとめ!ハサミとヘラだけで美しいお皿を生み出す達人、高橋明ががっちりマンデー!に登場!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク