しぞ~かおでん(静岡おでん)は他のおでんと何が違うの?特徴は?どこのサービスエリアでも食べれるの?おすすめ・絶対に食べるべき具は?

お疲れ様です。

寒い時期になると欲しくなる「おでん」。

ご当地ごとに味付けが異なったり、ローカロリーの食事として宣伝されたり、コンビニごとに味付けや具の改良合戦が繰り広げたりと、おでんの人気はすごいですね。

私の地元は出汁でおでんの具を煮たものに、豆味噌と砂糖で作った味噌ダレにかけて食べるか、初めから見味噌でおでんの具材を煮たりするタイプか、コンビニのおでんのようにお出汁で煮るタイプの2タイプと混在しています。

皆さんのおでんはどんな味付けですか?

今回は静岡おでんのに魅力について、実際に味わってから、関東へ向かう際にサービスエリアに寄る度に買ってしまう程好きになってしまった私だからこそ、この記事をまとめて紹介します。

スポンサードリンク

しぞ~かおでん(静岡おでん)は他のおでんと何が違うの?特徴は?

静岡おでんはカツオ節でとった出汁に、さらに下ごしらえで出た「牛すじ」の出汁を合わせてから濃口醤油で味付けするスタイルです。

さらに食べる際は赤みそと白みそを1:1の割合で、砂糖とみりんで練って作った味噌ダレ青のりだし粉からしをつけて頂きます。

出汁の色はとても黒くてびっくりしますが、調味した際の濃口醤油と具材から出る塩分だけなので、実際に何もつけずに食べてみると塩辛さが一切なく、お肉やかつおだしのコクがありながら、あっさりとしているので、意外と多い具材をペロりと食べれてしまいます。

さらに大きな特徴は「黒いはんぺん」と多くの具材が串にささっていること

黒いはんぺんはイワシとサバを身だけでなく皮と骨をまるごとすり身にしているので、食感は一般的なはんぺんと違い歯ごたえがある感じですが、骨はとことん細かくなっているので喉や口内にささることは一切ないです。

串ささっているスタイルは、静岡おでんは居酒屋だけでなく、駄菓子屋で子供たちが気軽に食べれるおやつとしても身近だった故の名残だと思われます。

スポンサードリンク

どこのサービスエリアでも食べれるの?

私が初めて静岡おでんを食べたのは足柄SAにある「天神屋」が販売していたものです。天神屋はカンブリア宮殿で話題になった「時之栖」が経営するお店です。

他にも掛川PAで天神屋があり、そこにも静岡おでんが夜遅くまでありました。

大きなおでん独特のお鍋から好きな具材を自分で器に入れてお勘定するセルフ式です。また時期によっては静岡おでんの定番の黒はんぺんをさらに黒くしたお魚の形のした「真っ黒な黒いはんぺん」もあります。

取り寄せできるか調査しましたが、オリジナルの商品みたいで見つけることができませんでした。

天神屋に寄った際に「真っ黒な黒いはんぺんを見つけた人はかなりラッキーですよ。通常の黒はんぺんよりさらに魚のくさみが強いですが、からしとの相性はさらに良いです。

足柄SA以外に食べれるサービスエリアとパーキングエリアは天神屋で限定すると、

NEOPASA静岡(上下ともに)

NEOPASA駿河湾沼津(上下ともに)

掛川PA(上下ともに)

NEOPASA浜松(上下ともに)

上記の営業時間は24時間なので、時間を気にせず静岡おでんを買いにいける状態ですが、仕込み状況や売れ行きの状態によっては買えない時があるので注意が必要です。

さらに口コミでは日本平PAや浜名湖SAなど、静岡県内のサービスエリアおよびパーキングエリアで静岡おでんを味わったとコメントがあったので、静岡県内ならどのサービスエリア・パーキングエリアでも、店舗関係なく食べれるようになったのだと思われます。

同じ天神屋でも仕込みの状態によっては同じ味付けのはずなのに、出汁の染み込み具合や出汁の色が異なったりするので、サービスエリアやパーキングエリアごとに食べ比べするのも楽しいですよ。

スポンサードリンク

おすすめ・絶対に食べるべき具は?

黒はんぺん

やはり食べるべき具材といえば「黒はんぺん」!!

一般的なはんぺんと異なって日持ちがあまりしないため、黒はんぺんの消費量の9割は静岡だとか。

黒はんぺん自体はスーパーでは「ラ・ムー」でしか見たことがなく実際に購入して食べましたが、やはり静岡おでんで食べた時とは柔らかさが全く違うので、魚が苦手ではない方はぜひ一度食べてみてください。

スポンサードリンク

大根

おでんの定番「大根」!!

静岡おでんの味である「かつおだし」「牛すじの出汁」「練り物や大根、昆布などの具材からの出汁」の旨味が染み込んだ至高の逸品

大根の色がより出汁の色に染まっているほど美味しく、青のりやだし粉との相性が高まっているので、私は染み込んだ大根を見つけたときはまよわず2個注文しちゃいます。

スポンサードリンク

牛すじ

静岡おでんの代表的な具材である「牛すじ」。

下ごしらえで出た自身の出汁でさらに煮られているからか肉質がとても柔らかく、さらに臭みがないだけでなく、おでんとの出汁がとてもマッチしているため、からし無しで美味しく食べれてしまいます。

牛すじは鉄分とコラーゲンが豊富なので、美容や貧血に敏感な女性の方にもおすすめしたい一品です。

スポンサードリンク

今回のまとめ

いかがだったでしょうか?

今回のしぞ~かおでん(静岡おでん)のまとめとして

静岡おでんはかつおだし・牛すじ出汁・濃い口醤油で味付けしており、お好みに青のりやだし粉・からし・味噌ダレをつけて食べるスタイル。

静岡県内のサービスエリア・パーキングエリアなら比較的どこでも食べれるが、24時間営業している「天神屋」があるのが、NEOPASA静岡(上下)NEOPASA駿河湾沼津(上下)、掛川PA(上下)、NEOPASA浜松(上下)。

おすすめ・食べるべき具材は「黒はんぺん」「大根」「牛すじ」

スポンサーリンク