大阪老舗の漬物店「伊勢屋商店・本店」の裏メニューとは?取り寄せはできる?【所さんお届けモノです!】

お疲れ様です。

お茶漬けほどの頻度ではないですが、たまに漬物が食べたくなる時ってありませんか?

野菜を生で食べるサラダとまた違った食感と味わいがあって、さらに浅漬けやぬか漬け、キムチとか漬け方によって、野菜本来の味の引き出し方や味わいに違いが出てくるのが面白いですよね。

さて、2020/3/15の所さんお届けモノです!の放送で、200種類以上の商品を販売し、新商品を日々開発しているという、大阪・黒門市場商店街にある老舗の漬物店「つけもの処・伊勢屋商店(本店)」さんが紹介されました。

200種類以上も販売しているのに、さらに新商品への開発意欲があるのはすさまじい探求力と研究熱心さがすごいですね。

今回はその「伊勢屋商店・本店」の裏メニューや取り寄せできるのか調査しまとめてみました。

スポンサードリンク

大阪老舗の漬物店「伊勢屋商店・本店」の裏メニューとは?

放映前に調査してみましたが残念ながら見つからず・・・さすがに注文した人しか食べることが出来ない裏メニューをネットやSNSに載せる人は早々にいないのかな。

分かり次第、追記します。

スポンサードリンク

取り寄せはできる?

漬蔵(づけくら)HP様から伊勢屋のあの手作りのお漬物を取り寄せができます。

新幹線を使わないと買えないのかなと思いましたが、自家製の漬物を取り寄せして自宅で味わえるのはありがいことですね。

「手前漬」という意味が分からず調べたところ、手前勝手・手前味噌の“手前”から。

手前勝手とは、自分の都合のいいよう考え行動を起こすことを意味する四字熟語。

手前味噌は自家製の味噌のこと。

研究熱心の「伊勢屋」さんは手前勝手に考え、ぬか床や食材を研究し尽くしてきた伝統の味で、ぬか床は天然の発酵剤で良質の利尻昆布を使って旨さとコクを、自然の調味料のぬか床によりすぐった素材の良さをそのままに仕上げるこだわりとのことです。

私は何度か自宅でぬか漬けに挑戦したことがあるのですが、ちゃんと毎日世話をしないと漬物が塩辛すぎたり、ぬか床にカビが生えたりと大変でした。

(毎日漬物を食べれば問題ないと思うのですが・・・。)

漬蔵(づけくら)HP

https://zukekura.com/?mode=f11

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク