【ウイルス対策】ヒカルが紹介した一粒100円のインフルブロックのど飴とは?実際に効果はある?取り扱い店や取り寄せは?

お疲れ様です。

トイレットペーパーを探す動画でヒカルさんがお金持ちの知り合いの方から貰ったと紹介したインフルブロックのどあめ

1粒で100円するが効果がノーベル賞をとった人や国が認めるほどで、スポーツ選手や芸能人などには多く知られているが、一般の方には広く浸透されていないとか。

今回はそのインフルブロックのどあめについて調査しまとめてみました。

スポンサードリンク

ヒカルが紹介した一粒100円のインフルブロックのど飴とは?

この飴の特徴はのどの粘膜に直接マスクをしましょう!というものです。

インフルエンザや風邪のウイルス・菌は、鼻と口から侵入して粘膜を攻撃して体内に侵入しないと増殖出来ません。

予防策にマスクやうがいがありますが、のどの粘膜は食道まで30cmあり、のどちんこまでしか水(うがい薬による消毒も)届かないため、鼻から侵入したインフルエンザや風邪のウイルス・菌などを洗い流すことができません。

さらにマスクをしても免疫力が低下していたら意味がないとのこと。

確かに昔から喉が弱いから手洗いうがいを実施しても必ず風邪引くんですよね……

人間のつば(唾液)の中には含まれる”シアル酸”というものがあり、これがウイルスや菌などの外敵からブロックして、のどの粘膜を守ります。

インフルブロックのどあめは人間の唾液の1600倍もシアル酸が含まれている、マレー・インドネシアに生息するアナツバメの燕の巣を原料として作られ、噛まずに舐めることでシアル酸を喉の粘膜に行き渡らせて強化します。

妊娠中や授乳中の方も安心して利用できるそうで、噛まずに舐めるだけで予防効果があるなら本当にありがたいです。

私が授乳中なので熱はないが喉が痛い+倦怠感があっても、医者おろかドラッグストアへ行きたくてもコロナウイルスのリスクが怖くて行けず、夫に家にある材料ではちみつ大根を作ってもらい、なんとか治せましたが本当に辛かったです。

味のフレーバーはヒカルさんが紹介したブルーベリー味とオレンジ味の二種類あります。

スポンサードリンク

実際に効果はあるの?

ノーベル賞をとる人、国が認めている

喉に入ってくるウイルスを99.9%をブロック

俳優の山田孝之さんもインスタグラムで紹介。

選手村でも配布される

ヒカルさんが動画で紹介しましたが、インフルブロックのどあめの公式サイトでも、芸能人やスポーツ選手も使っていることを紹介していました。

気になるインフルブロックのどあめの効果口コミですが、3年愛用して効果があるという意見と、予防接種も受けた上でインフルブロックのどあめをなめても感染したという意見がありました。

インフルエンザは予防接種を受けても、打った時の予防接種のインフルエンザの型が違えば意味がないですし、予防接種を打った時に倦怠感を経験したことはないでしょうか?

いわゆる副作用なのですが、免疫力が風邪などの他の病気、仕事や受験などのストレスで低下している状態だと起きやすいです。

さらに予防接種はあくまで予防

どの予防接種も万が一感染した時に症状を軽減するためのもので、全く感染しないのではないです。

本人の免疫力が高い時に発揮するので、日頃から不摂生な生活を送って免疫力を下げやすい状態では予防接種を受けていようがインフルブロックのどあめを舐めていようが意味がないです。

スポンサードリンク

取り扱い店はどこ?

店舗での取り扱いは現時点では見つからず、通販サイトのみの取り扱いになります。

やはり原材料と効果ともに高いからかな?

公式ミルミール

https://milmeal.com/toyo/

楽天市場

Amazon


いかがだったでしょうか?

マスクが未だに不足している状況ですが解消の目処は未だに見つからず、さらにマスクしても効果がないとの報道も出てきたりと物も情報も滅茶苦茶です。

このインフルブロックのどあめがあれば粘膜から防御できるから、後は免疫力さえ高くしておけば、マスク無しでも対策できるのでは?

さらに動画のとおりに6時間も効果が持続するなら、マスクしにくい職業の方々なら非常にありがたい!!

もっといえば、インフルエンザや風邪とかの予防として活用されていた飴ちゃんなんだから、コロナウイルスが落ち着いても今後も利用できる子やん!

咳を手で抑えないクソお客が多いのに、予防としてのマスク着用は余り認められなかった接客業で働いていた自分だからこそ、今回の記事を書きたいと思いました。

一番の予防策はちゃんと無理なく身体を休めて、栄養分たっぷりの食事をとって、ストレスを解消して免疫力を低下させないことですが、今回の記事で少しでも皆さんのお役に立てれたのなら幸いです。

スポンサーリンク