人生をカレーにささげる店主がいる「ちゃぼす」の場所は?駐車場は?【全日本びっくり仰店グランプリ】

お疲れ様です。


今回は2019年8月9日(金)に放送する、中京テレビ開局50年「ウマい!安い!おもしろい!全日本びっくり仰店グランプリ」で、人生をカレーにささげる店主として紹介された静岡県焼津市にある「ちゃぼす」さんについて調査しまとめました。

スポンサードリンク

1.どんなお店なの?

元フレンチシェフである店主が建物を建て、調理から接客、仕入れなどのお店の経営全てを1人だけで切り盛りし、今までテレビ取材を断り続けたお店。

前菜とデザート付きで600円。高くても800円という驚きの価格!

カレーの上にはワカメの入った肉汁から作るグレイビーソースとキノコから作るホワイトソースがかけられており、取材に行った福君はわかめとカレーが合う!!胡椒がものすごく効いていて美味しい!!と驚きを隠せない様子でした。

使用している胡椒の粉砕の仕込みにはミルではなく、包丁で行っており、ご主人が長時間ひたすら刻んでいたのが印象的でした。

スポンサードリンク

2.場所や駐車場は?

静岡県焼津市城之腰140-2

焼津駅から徒歩21分。

営業時間

11:30~14:00(L.O)

17:30~20:30(L.O)

誰も居ない時には20:20(L.O)

日曜営業

定休日

水曜日

スポンサードリンク

3.ご主人の熱意や思いとは?

どうせすぐ生える、理髪店行く金があるならカレーを作るという30年間ずっと自分で散髪し、家に帰れるのは週1のみで、6日間は店の2階で寝泊まりしています。

他と価値観を一緒にせず、愛情で見てほしい。

食べるということは「生きる」ということ。

それを大事にして欲しいとの熱意と想いに、福君は価格が高い=質が高い・良いものと決まる訳ではないと感心していました。

営業時間外は仕込みに仕入れで時間を割いているので、テレビを見る暇さえないため、ご主人は福君のことを全く知らなかった様子でしたが、接客業を長くやっていた経験から、「ファンになった・握手してほしい。」と人柄を一目で見抜く力がありました。

スポンサードリンク


東京スカイツリーの真下でタクシー運転手が毎日通う食堂として紹介された、野菜たっぷりカレー

スポンサーリンク