【ニトリ】買って良かった&悪かったおススメの布団セットや寝具は?送料を無料・安くする方法とは?随時更新!

お疲れ様です。

進学or就職を機に一人暮らしを始める、結婚、今まで使っていたやつが古くなった&合わなくなったからなど、色んな理由で新しい寝具を買います。

私の場合は結婚の時は実家で使っていた布団類をそのまま持っていき、夫の分だけ一式買い替えましたが生活している内に毛布やら寝具カバー、枕を買い替えたりしました。

これから新生活を迎える人は特に最初の買い物時点で少しでも安く、でも長く使いたいと思います。中には少し高くてもいいから買い替える必要性を少なくしたいと考える人もいるでしょう。

今回はニトリの寝具をずっと愛用しているからこそ、おススメしたい商品の良い意味(メリット)・悪い意味(デメリット)を紹介します。

スポンサードリンク

買って良かった&悪かったおススメの布団セットや寝具は?

すぐに使える寝具セット

夫の分として購入したすぐに使える寝具セットはタオルケットがさらに付いた7点セットを購入しました。

(現在の7点セットはタオルケットではなく毛布に変わっています。)

すぐに使える寝具セットは一から全て寝具を買い揃えたい、カバーの色とか柄に特にこだわりがない人には最適!

購入してから軽く3年以上は経っていますが、掛布団は洗濯してもそんなに綿のへたりも少なく、通常の布団より軽いのにあたたかさレベル3の機能も劣化しにくいです。

ただ、敷布団はどうしても重量がかかるので、2年ほどで買った時よりボリュームは減っていきます。

仕事柄、腰を痛めやすいのに買い替えるのをためらう夫へ低反発マットレス トッパー シングル(MF4 S) をプレゼントしました。

せんべい布団へ向かっている敷布団の上に重ねて使っていますが、これがいい感じに身体が沈みこむ感じがいいらしく、翌朝の身体があちこち痛くなることがなくなったみたいです。

ちなみにもっと寝具カバーにこだわりがない人はさらにお得なすぐに使える寝具6点セットもあります。

柄のあるカバーが好きではない人にはまさしくピッタリなのではないでしょうか。

スポンサードリンク

点で支える体圧分散 敷布団

親戚から頂いた敷布団がせんべい布団化したのを機に買い替えました。

価格は10000円越えるので購入はものすごいためらいますが、最初からこれを買えば良かったと後悔するぐらい、お値段に相応しい寝心地が良いです。

点で支える体圧分散の敷布団ってちゃんと説明書通りに定期的に中に入ってあるスポンジをローテーションしないとヘタリやすいのかな?と思っていたのですが、実際はそんなすぐにヘタることはないです。

少なくとも最初のローテーションしてから半年経っていますが、大きな凹みとかはないです。

(妊娠でローテーションしたくてもできなかった。)

カバーは丸洗い可能ですが、予め敷パッド付けておけばいちいちカバーを外すことなく、洗濯は敷きパッドだけで済みます。

どうしても寝具カバーを使用したい場合は敷布団にも使えるボックスシーツマルチすっぽりシーツを使います。

ニトリ製の敷布団カバーを持っているなら使い回すことも可能ですが、カバーの付け替えの時は通常の敷布団カバーでやると本当に面倒なので、あまりオススメしません。

スポンサードリンク

Nウォームシリーズ

Nウォーム仕様の毛布1枚あれば、敷パッドはNウォーム仕様でなくても充分に暖かくすごせちゃいます。

(でも敷パッドもNウォームシリーズにした方がもっと気持ち良く過ごせます!)

悪い点としてはこれは妊娠中の時しか私は経験しておらず、出産してからは全くないのですが、かかとの部分が少し乾燥しました。

子供との添い寝では、子供は乾燥防止&掛け毛布としてNウォームモイスト仕様のベビーブランケットを使っており、今のところ子供の肌トラブルは起きていません。

スポンサードリンク

Nクールシリーズ

ニトリの夏の代表的なひんやりシリーズNクールNクールで初めて買うならぜひNクールSP(スーパー)から!

Nクールのスタンダードレベルから購入してNクールWSP(ダブルスーパー)まで購入しましたが、クーラーと併用とすると体質によってはNクールWSP(ダブルスーパー)が涼しすぎると感じる可能性があるからです。

スポンサードリンク

送料を無料・安くする方法とは?

一気に買い揃えるお買い物になると自宅まで運ぶのも大変ですし、布団セットやマットレスを購入するとなると、移動手段や自家用車のタイプによっては貸し出しトラックを使用しなくてはならない場合もあります。

ニトリで送料を無料にする方法はニトリネットかニトリ楽天市場店お買い上げ合計金額7000円以上利用することで、店舗での配送サービスは合計金額関係なく有料です。

さらに店員さんに聞いたところ、店舗とニトリネット&ニトリ楽天市場店配送日を合わせれても配送に使うトラックが違うため、商品を1つにまとめてお届けすることができないとのです。

まあ同じニトリでも流通の管轄(システム)が異なるから仕方ないことですね。

店舗での配送サービスを少しでも安くする方法は、現時点ではファンウィークなどのキャンペーンを利用する方法のみ。しかし、キャンペーンも内容がいつも違うのでファンウィークが始まったからといって、店舗での配送サービスが少しでも安くなるとは限らないです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク