Nクールに毛玉ができる原因と解決方法は?冷たさに影響はあるの?【ニトリ・接触冷感】

ニトリ

お疲れ様です。

夏の暑さにクーラーとNクールなどの接触冷感アイテムでなんとか乗り切ろうとしていますが1日中すごく暑いですね。

 

我が家では寝具・ラグ・レストクッション・ベビー用品をNクール仕様にしてこの暑さに対抗していますが、年々気温が高くなっているので本当に厳しいですね。

 

さて、今回はどうしても何回も使っているとNクールに毛玉ができてしまう原因や解決方法、さらに毛玉ができたことど冷たさのレベルに影響はあるのか、気になることをまとめて紹介します。

スポンサードリンク
 

1.Nクールに毛玉ができてしまう原因とは?

こちらは私が実際に使っているNクールの子供用お昼寝マットです。最初と2回目の洗濯の時は他の洗濯物と一緒にせず洗っていましたが、毛玉は全くありませんでした。

 

しかし、3回目の時に早く洗濯を済ませたいとバスタオルやタオルケットなど他の洗濯物と一緒に入れて洗濯したら、マット全体に毛玉が大量発生しました。

 

今までNクールの記事を書いていた私ですが、Nクールに毛玉が発生したことは、一度もなかったので非常に驚きました。

 

さらに夫がベビーカーシートをネットに入れずに他の洗濯物と一緒に洗ってしまった時、お尻あたりのところに毛玉が発生しました。

 

もう1つあるベビーカーシートは私がネットに必ず入れていたので毛玉が発生しておらず、それ以降もきちんとネットに入れているおかげか現状を維持しています。

 

Nクールは乾燥機やアイロンなどの高温の熱に弱く、またネット無しで洗うと他の洗濯物との擦れで生地を傷めやすいことは知っていましたが、洗濯の方法を怠るだけで毛玉が出てしまう原因になることに驚きを隠せませんでした。

 

しかも、粘着ローラーでしっかり取れないし手で1つ1つ取るのにキリがないほどの厄介な毛玉なので、購入してからまだ1か月しか経っていないのにもう買い替えるしかないのか一時呆然としました。

スポンサードリンク

2.毛玉取りや洗濯などの解決方法とは?

毛玉取りグッズでしっかりとる!

ネットで検索してみるとダイソーやセリアなどの100均グッズでニトリのNクールをはじめとした接触冷感の布地にできた毛玉をとる方法の記事を見つけましたが、記事の年月がそこそこ経っていました。

 

紹介されていた商品と同じものあるいは類似品があるかどうか不安のまま早速買いにいきました。

 

取り寄せで700円前後で購入した毛玉とりアイテムで失敗するより、100円前後で購入した商品の方がショックが小さいからというより、1日でも早く毛玉を解消したい気持ちが強かったです。

 

幸いセリアでブログで紹介されていた電池を使わないタイプ「毛玉とれ~る」を発見しましたが、夏の時期だったからか2個しか置いていませんでした。子供を長く連れまわさなくて本当に良かったです。

裏面の注意書きには「薄い布地に使うと破損する恐れ」と書いてありましたが、電動シェーバーで布地を傷つけてしまった失敗より、自分自身の力加減による失敗の方が諦めがつきやすいと思ったので迷わず毛玉取りを実施しました。

 

気になる続きは次のページへ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました