でんじろうのTHE実験で取り寄せできそうなものをまとめてみた

お疲れ様です。

高校時代、部活が科学部だった関係ででんじろう先生のショーに行ったキッカケで、でんじろう先生を知った君色です。

担任の先生がでんじろう先生と知り合い?友達?ライバル?(記憶が朧なので不明)だったらしく、よく部活動ででんじろう先生並みの楽しい実験を色々やっていたのが印象に残っています。

でんじろうのTHE実験で紹介された実験を取り寄せできそうなものをピックアップしてみました。

1.宙に浮かぶ蛇口から水


材料と技術があれば下記のように自作できるみたいですが・・・・

https://www.chietoku.jp/garden-magic/

そんな時間がない人は水溜まりボンドのドッキリで紹介された「マジカル蛇口」を買うのがてっとり早いのですが・・・・

2019/2/3時点でAmazonでは完売・入荷未定状態・・・楽天はそもそも売っていない・・・

年末年始に地元と隣県のドン・キホーテで山積みに売られていたのですが、現在もあるかどうか怪しいです・・・・

2.手のひらで持てる炎



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新富士 耐熱ジェル RZ−403 RZ403 ( RZ403 )
価格:1319円(税込、送料別) (2019/2/3時点)

人体に影響のないタイプがネットで探してもこれぐらいしかなく・・・・

TVでもでんじろう先生はヨイコいう名のアホガキ・アホオトナがマネしないように予めタッパーに詰めていたので、もしマネするとしたらジェルより「パン生地」作って実行した方がマシかと・・・・

(そもそもパン生地作ることの方が大変だが・・・・)

3.衝撃吸収素材「αGEL」


αゲルが使われたシャーペンが登場した当時は中学生と高校生の間辺り。あまりお遊びでニギニギしずぎるとかえって握りにくい印象でしたが、それでも長時間書きものしても手が痛くなりにくいのは衝撃的でした。

TVのような大判タイプがネットでは確認できず、チップタイプやテープタイプが多かったです。(恐らく宣伝用ゲルマット)

βGEL(ベータゲル)なら教材として販売されているのですが、それも大きさは10cm×10cmサイズ・・・・

ちなみにアルファゲルは、シリコン(有機ケイ素化合物重合体の総称)をベースにしたゲル状物質で、耐候性・耐薬品性・電気絶縁性・温度特性をもったゲル状の素材。

そのアルファゲルに中空フィラーを添加したものがベータゲル

主にランドセルのクッション材などに使用されているそうです。

中空フィラーをシンプルに変換しようとしたのですが・・・助けて!!先生!!

http://www.aichi-c.ed.jp/contents/rika/syotou/syo12/geru/gel.html参照元

https://www.showa-chemical.co.jp/hl.html参照元

シャーペンや衝撃吸収材だけでなく、αゲルとウレタンを応用して作られたクッションもありました。

下記の商品はあるお店では「介護用」。しかしとあるお店は「カー用品」「介護用」「インテリア」とありました。

全く同じ商品なのに・・・・・価格もべらぼうに異なってびっくりしました。


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク